ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

赤いろうそく」 みんなの声

赤いろうそく 作:新美 南吉
絵:太田 大八
出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2004年07月
ISBN:9784338200011
評価スコア 4
評価ランキング 22,256
みんなの声 総数 1
「赤いろうそく」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 初めてみるもの

    新美南吉の童話集です。
    最後に「はじめて見るものへのおどろき」という解説があるのですが、この本は確かに、はじめて見るものへの興味心でまとめられています。

    5編の童話が載っています。
    「でんでんむし」は、母親の背中ではじめて見る、葉っぱやチョウチョウへの感動の向こうに大空があることを感動的に描いています。
    「みちこさん」では、ベビーカーを押して歩いているお母さんの赤ちゃんを抱いてあげる喜びの発見を描いています。
    「うまやのそばのなたね」は、厩のそばの花のつぼみが、馬の赤ん坊を始めてみることの、くすぐったさを優しく描いています。
    「里の春、山の春」は、小鹿が初めての迎えた春の情景を心優しく描いています。
    「赤いろうそく」は初めて赤い蝋燭を見た猿が、花火と間違えて仲間たちとドタバタ喜劇を始めるさまを描いています。

    それぞれに、初めてのことを、新美さんの優しい目線で描いています。
    ほのぼのと感じる、作品集でした。

    掲載日:2011/11/24

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。


『大きなクスノキ』 みそのたかしさん さとうそのこさん インタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット