庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

英国情報局秘密組織チェラブ Mission7:疑惑」 みんなの声

英国情報局秘密組織チェラブ Mission7:疑惑 作:ロバート・マカモア
訳:大沢 晶
出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:2011年08月
ISBN:9784593533978
評価スコア 4
評価ランキング 22,275
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 「ジェームズって、そんなにいい男かぁ?」

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子16歳、女の子11歳

    上の子が中学の時に朝読用に読んでいたシリーズの最新刊です!
    図書館の新刊コーナーで偶然見つけて、さっそく借りて帰ったら、その日のうちに上の子は大喜びで読みました。
    私は2,3日遅れをとって、昨日読破しました。
    もとは英国で探偵業をしている作者が、「読みたい本がない」というの甥っ子のために考えたお話ですが、あっという間にベストセラー入りしたツワモノ(本ですが)で、とにかく読み出したら止まらない面白さがあります。

    あり得なさそうで、あり得そうな『チェラブ』という組織の設定。
    (『チェラブ』は、スカウトされた身寄りのない子どもたちで編成された英国スパイ機関の1つで、10歳から17歳の子どもたちが、世界各国に飛んでスパイ活動をしている)
    主人公のジェームズはこの巻でとうとう15歳になりました。
    けれども、相変わらず優柔不断で、スパイ活動中は素晴らしい行動力を発揮するくせに、日常生活はというとどこにでもいるちょっとふざけた中高生というタイプです。
    特に正義感に燃えているわけでもなく、
    ヒーローヒーローしていない(ガールフレンドのケニーや妹のローレンは優等生タイプのヒロインだけど)、
    そのいかにも「どこにでもいそうな軽い感じ」のところが、
    ジェイムズの魅力といえば魅力なのかなと、思います。

    なんと、ジェームズは今回のミッションで罠にはめられてとんでもない目にあってしまいます。
    命は取り留めたものの、ひどい怪我をおって帰ってくるし、
    いろいろな組織の思惑(いかに自分たちの組織を立場上上位にするかなど)が重なり、
    下手をするとチェラブ追放!?という危機にさらされます。

    こんな時でもジェームズという子は、「今すぐはっきりさせたい」「なんとかするためにとりあえず動いちゃえ!」と、
    謹慎中にそれはまずいんじゃないの〜?と、読んでいるこっちの方があわててしまう行動を、
    さも「当然の権利だよ」と言わんばかりにやってのけます。
    そのせいで話はとんでもない方に転がったり、ドタバタしてしまうのですが、
    「運がいい」のが取り柄のジェームズは、何とかことなきを得、とりあえず最後は大円団(?)の運びとなります。

    うちの子は、ラストの女子たちの原因になった大乱闘に笑ってしまったそうです。
    「ジェームズって、そんな大ゲンカするほどいい男かぁ〜?でも、もしこの作品が映画化とかされたら、ジェームズはすごくカッコいい子がやらないとだめだね」って。
    次回もまだまだ楽しませてもらえそうな、大好きなシリーズです。

    掲載日:2011/11/24

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



第11回 『くつ あらいましょう』のさこももみさん

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット