十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

アルケミスト(4) 死霊術師ジョン・ディー」 みんなの声

アルケミスト(4) 死霊術師ジョン・ディー 作:マイケル・スコット
訳:橋本恵
出版社:理論社 理論社の特集ページがあります!
本体価格:\2,200+税
発行日:2011年07月
ISBN:9784652079805
評価スコア 4
評価ランキング 22,256
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • シリーズ・タイトルに変更(有り)?

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子16歳、女の子11歳

    上の子とハマっている錬金術師のシリーズです。
    今までの巻のシリーズ・タイトルには間違いなく『アルケミスト「錬金術師」』と書いてありましたが、なぜか今回は「ネクロマンサー」と表示してありました。
    和名のシリーズ・タイトルが変更したのでしょうか?それとも、作者の何らかの意図があって、変わっているのでしょうか?
    というのも、この巻ではあまり“錬金術”っぽいシーンがなく、地球のサーガ(ファンタジー歴史ロマン)みたいな流れになってきているんです。

    3巻のラストあたりから、うちの娘のお気に入りの「スカアハ」と「ジャンヌ・ダルク」は、どこか別の世界に閉じ込められてしまって、主人公たちと別行動になってしまったし、
    主人公たちを導いてくれると思っていた錬金術師・ニコラと、呪術師・ペレネル夫妻には、
    隠し事が多すぎて(ソフィー&ジョシュからは)「どうも信用できない」れっているを貼られてしまいました。

    また、この4巻には「二天」と呼ばれる日本人が新しく登場します。
    「二天」なんて呼ばれる歴史上人物なんていたっけかな?と、思っていたら、なんと!宮本武蔵でした!!(二刀流だから{二天」と呼ばれているですって)
    日本の歴史的な解説の部分は「おや〜、おや?」と、首をひねりたくなるところもありました。もしかしたら、作者はあまり日本の歴史が得意でないのかもしれません。

    「二天」と一緒に登場した新キャラは、
    スカアハの双子のお姉さん:イーファ!
    (ただし、スカアハは自分が「姉」だといっているので、本当はどっちが姉なのか、わかりません)
    このイーファ。登場の仕方は「敵」っぽかったけど、双子のきょうだいのスカアハを心配するところで、ソフィと気があったようです。
    後半からは、ソフィとの信頼関係が強く感じられました。
    おまけにソフィとジョシュのために体を張って助けてくれたし!!

    この物語は6巻完結予定だそうで、作者はもうラストを考えているとか……!
    4巻の最後は、もうドキドキの連続でした。
    この先、ジョシュはどうなるの?ソフィは!?
    早く続いが読みたいです。

    毎回、書いているような気がしますが、この物語は小学校高学年くらいから、中・高生くらいのファンタジーーや歴史に興味のあるお子さんたちにお薦めします!!
    読んで損はありません!

    掲載日:2011/11/25

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…


「MR.MEN LITTLE MISS」アダム・ハーグリーブスさん インタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット