あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
あんじゅじゅさん 40代・その他の方

確かに、あくたれ
「あくたれ」というなんだかパンチのある…

10このちいさなおもちゃのあひる」 みんなの声

10このちいさなおもちゃのあひる 作・絵:エリック・カール
訳:くどう なおこ
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,800+税
発行日:2005年10月
ISBN:9784033279206
評価スコア 4.57
評価ランキング 4,027
みんなの声 総数 22
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

22件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • ラストのしかけ

    おばあちゃんがお誕生日にプレゼントしてくれました。おもちゃのあひるが船で運ばれる途中嵐にあい、10このあひるが海に放り出されてしまいます。10こはそれぜれちりぢりばらばらに流れ着き、いろいろな海の動物達に遭遇するというお話です。子供にもわかりやすい簡潔な文章に 興味をひきつけるとても素敵できれいな挿絵がついています。次はどんな動物に出逢うのだろう?とページをめくるのがわくわく!楽しみながら数の概念も勉強できるのではと思います。そして10匹目のあひるが遭遇するのは・・・。最後の最後には音の出る仕掛けもついています。息子はいつもラスト近くになると仕掛けをするのを楽しみにワクワクしながら待ち構えています。何度読んでも飽きることのない、とても素敵な絵本だと思います。

    掲載日:2006/02/28

    参考になりました
    感謝
    1
  • あひるが好きな息子に♪

    あひるが大好きな息子へ読み聞かせましたが、文章は1歳児には多く、退屈なようでした。1歳にはまだ早かったかな。大型絵本で、大きな絵なので、絵だけで楽しみました。最後の音の仕掛けも面白そうにしていました。

    掲載日:2015/02/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 最後のページに!

    この絵本は色が鮮やかで、見ていて、とっても
    楽しくなる絵本です。
    かわいいおもちゃのあひるたちの冒険が、とても
    楽しく描かれています。
    最後のページには、とってもかわいいしかけが・・・。
    大きな音でなるので、初めて聞いたときは、びっくり
    してしまいました!!
    でもとってもかわいい音なんですよ!!
    ぜひ読んで、そして聞いてください♪

    掲載日:2012/12/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「アヒルのおもちゃ流失事件(!?)」

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子16歳、女の子11歳

    邦訳が工藤直子さんでした。日本での初版は2005年の秋です。
    最後の最後にちょっとした仕掛けがついています(「だんまりこうろぎ」風)
    内容は小さなお子さん向けだと思いますが、低年齢を意識した作品としてはやや長めのお話でページ数がありました。
    私はまだ、このお話を小さなお子さんにやったことはないのですが、ナビのメンバーのところを見ると、結構子どもたちの心をつかんでいるようなので、長さは問題ないのかな〜と、思います。

    実際に起きた「アヒルのおもちゃ流失事件(!?)」を元に、
    エリック・カールの想像力でアヒルたちの世界が広がって、とても楽しい内容になっています。

    掲載日:2011/06/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 良書

    • えほんじいさん
    • 60代
    • じいじ・ばあば
    • 京都府
    • 女の子2歳

    10このあひるの大冒険です。あひるが好きな孫は嬉しそうに読みました。また他の海の動物もたくさん登場します。一緒に旅した気分で読みました。文は詩的で短いです。絵が鮮やかで見ごたえがありました。

    掲載日:2011/04/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • おすすめ

    • アイババさん
    • 50代
    • じいじ・ばあば
    • 京都府
    • 女の子2歳

    あひる大好きの孫はこの本も大好き。「ガーガー!!」と言いながら「読んで」と持ってきます。文章もリズミカルで軽快に読めます。絵も可愛らしくて楽しいです。子供の心を掴んで離さない、絵本を読むのが何倍も楽しくなる、さすがエリックさんだなと思います。

    掲載日:2010/10/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • おきにいり♪

    エリックカールの感性豊かな色彩が好きで、図書館で借りました。
    おもちゃの10このあひるが海に落ち、それぞれがいろいろな場所に流れていくお話。どこへ流れ着くんだろうと大人も感情移入してしまいます。
    最後のページでおもちゃのあひるの声がでるボタンがあって、子供は大喜び!何度も読んでは連続でボタンを押すので、壊しては大変と、本屋さんで買うことにしました。それ以来本を聞きながら押したくて押したくてうずうずする娘の姿を見て、楽しんでいます。

    掲載日:2009/12/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 息子のお気に入り

    しかけ絵本で、エリック・カールということで、息子のお気に入りとなりました。

    鳴き声が楽しめるというのは、七歳になった現在でも楽しいらしいです。

    落ちてしまったおもちゃのあひるたち。息子は、船に乗っていたあひるの数が気になったらしく、箱の数を数えて、あひるの数を換算していました。

    エリック・カールは、色鮮やかな絵がとても子どもを引きつけますね。

    最近、エリック・カール展で原画を見たこともあって、ますます好きになったようです。

    あひるたちがどこへ行くのかとても気になり、行った先を確かめるのが楽しみでした。

    掲載日:2009/03/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • さすがっ

    さすがエリックカールといった感じに綺麗な色合いの絵本です。
    本当にあったことを絵本にしたそうです。
    事故で海に投げ出されたおもちゃが旅するお話
    とっても可愛いです。
    最後はアヒルの親子と一緒になるシーンは
    これから、このおもちゃも寂しくないだろうって
    ちょっと安心しました。
    そして、押すと音が鳴るのはアヒルちゃん。
    ボタンとかではなくて、メッセージカードとかの
    感じで、アヒルを押すと音がでます。
    1歳の息子もその部分が大好き。
    色合いも好きみたいで、よく自分で眺めています。

    掲載日:2009/03/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵は美しいポスターのよう

    起承転結のある物語というよりは、詩のような一冊です。
    10このあひるたちのそれぞれの行方のページは美しいポスターのようです。
    いろいろな動物が登場して楽しめます。

    また、訳が詩人のくどうなおこさんだけあって、本文もリズミカルで何度も読むうちに2才の娘も口ずさむようになりました。

    娘は最後に出てくる仕掛けがお気に入りで、早く最後のページをめくりたくて、うずうずしながら聞いています。

    掲載日:2009/02/24

    参考になりました
    感謝
    0

22件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『はやくちこぶた』早川純子さんインタビュー

みんなの声(22人)

絵本の評価(4.57)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット