新刊
にんじゃじゃ!

にんじゃじゃ!(文溪堂)

2021年、家族みんなで、笑いませんか?

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • 全ページ
  • ためしよみ
新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

  • 学べる
  • ギフト

10このちいさなおもちゃのあひる」 みんなの声

10このちいさなおもちゃのあひる 作・絵:エリック・カール
訳:くどう なおこ
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,800+税
発行日:2005年10月
ISBN:9784033279206
評価スコア 4.56
評価ランキング 5,561
みんなの声 総数 24
「10このちいさなおもちゃのあひる」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

24件見つかりました

  • さすがっ

    さすがエリックカールといった感じに綺麗な色合いの絵本です。
    本当にあったことを絵本にしたそうです。
    事故で海に投げ出されたおもちゃが旅するお話
    とっても可愛いです。
    最後はアヒルの親子と一緒になるシーンは
    これから、このおもちゃも寂しくないだろうって
    ちょっと安心しました。
    そして、押すと音が鳴るのはアヒルちゃん。
    ボタンとかではなくて、メッセージカードとかの
    感じで、アヒルを押すと音がでます。
    1歳の息子もその部分が大好き。
    色合いも好きみたいで、よく自分で眺めています。

    投稿日:2009/03/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵は美しいポスターのよう

    起承転結のある物語というよりは、詩のような一冊です。
    10このあひるたちのそれぞれの行方のページは美しいポスターのようです。
    いろいろな動物が登場して楽しめます。

    また、訳が詩人のくどうなおこさんだけあって、本文もリズミカルで何度も読むうちに2才の娘も口ずさむようになりました。

    娘は最後に出てくる仕掛けがお気に入りで、早く最後のページをめくりたくて、うずうずしながら聞いています。

    投稿日:2009/02/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • やっぱりエリックカール

    やっぱり、エリックカールの本はいいです。
    きれいな色使いに、このお話はその展開の仕方もおもしろいです。
    「次のページにはどんな動物が出てくるんだろう?」とわくわくします。
    おもちゃのアヒル、みんなどうなっちゃうんだろうね〜と、
    子供も一緒にページをめくる楽しさ。
    そして最後にはとっておきのサウンド!!!
    何回もボタンを押している子供たちです。

    投稿日:2008/12/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • おもちゃのあひるの大冒険!

    • 雪ねこさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子6歳、男の子4歳

    エリックカールの本が大好きな息子が図書館から借りてきました。

    おもちゃのあひるを積んだ船が嵐にあい、10匹のおもちゃのあひるが海に流されました。10匹のあひるはそれぞればらばらに海に流され、いろいろな場所でいろいろな動物達と出会い、10匹めのあひるはあひるの家族に出会い…。というお話です。

    息子は、いるか、あざらし、白くま、フラミンゴなど、あひるが出会うたくさんの動物たちに魅了されています。動物たちはいつもながらカラフルできれいに描かれています。

    この本は、文章のリズムがいいので、ちいさい子には自分で読ませるより大人が読んであげた方がいいと思いました。

    投稿日:2008/11/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • 音の出る仕掛け+実話

    • シーアさん
    • 20代
    • ママ
    • 大阪府
    • 男の子2歳

    この絵本は、エリック・カール氏が、
    アメリカの新聞記事にインスピレーションを得て作られたお話なのだそうです。
    記事によると、1992年におもちゃを積んだ船が嵐に合い、積荷を海に落としてしまいました。
    それから11年後の2003年、そのおもちゃのアヒルがアメリカの海岸に打ち上げられたんです!
    そんなに長い間、海を漂っているアヒルがいるなんてすごいですね。
    この小さな記事から、こんなにすばらしい絵本を作れるエリック・カール氏もすごい!
    日本語訳も歌うようにリズミカルでとても読みやすいです。

    この絵本の中では、海に落ちるのは10個のアヒルです。
    工場で作られ、トラックに乗って港まで行き、
    船に積まれて海へ・・・
    途中で嵐にあって海に落ちた10個のアヒルたちは、
    それぞれ別々の方向へ行き、
    いるかやアザラシやタコやしろくまなど、
    いろんな動物たちと出会います。
    1ばんめ、2ばんめ・・・と順番に紹介されるので、
    数字を読み始めたお子さんにもいいかもしれませんね。

    そして最後の10番目のアヒルは、
    流れ流れて本物のアヒルの群れの中へ行きます・・・。
    最後のページには、押すとアヒルの鳴き声がする仕掛けもあって、
    息子も大喜びしています。

    投稿日:2008/08/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 想像しただけでかわいい!!

    こちらの絵本は、92年におもちゃを積んだ船が太平洋上で嵐に会い、積荷を海に落とし、11年後アメリカの海岸におもちゃのアヒルがうちあげあれているのが見つかったというニュースをヒントに作り上げた絵本だそうです。

    家にもあるあのおもちゃのアヒルちゃんが、それぞれ海へ旅するその姿を想像するだけで、ニヤニヤと笑みがこぼれてしまいました。

    息子はまだそこまで理解できないのですが、数字や文字に興味津々の時期。 
    1番目のアヒル、2番目のアヒルと数字を追うのが楽しいようです。
    読んでとせがまれますが、自分でも数字と絵を追いながら楽しんでいるようです。

    投稿日:2008/05/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 実話が元の夢のあるお話

    海で落ちたあひるたちが、離れ離れに流れていって、それぞれが色んな動物たちに出会います。
    大きなページいっぱいに描かれたその絵がとても素晴らしく、迫力があります。
    「1ばんめ・・・」「2ばんめ・・・」と10番目まで順番にかかれてあるので、数の勉強にもなるかな?

    最後のページに、あひるの鳴き声のするボタンがあるのですが、子供が小さい頃はそれが押したいがために、途中のページはどんどんめくられてほとんど素通りされていました。
    そしてラストはひたすら連打連打・・・。
    でも2歳を過ぎてからやっとお話をゆっくり聞いてくれるようになり、動物たち(海の生き物)のページはじっくりと見入っています。
    最後のボタンも、私が読む文章のタイミングに合わせて1回だけ押すようになりました。

    実話を元に描かれたそうですが、とっても夢のあるお話です。

    大型絵本で音の仕掛けが入っているのでちょっと重いのが難点ですが、エリック・カールさんの素敵な絵が大きなページで楽しめるのでオススメです。

    投稿日:2008/02/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵が気に入って

    フラリと本屋さんに行ったら、ペリカンとアヒルの手作りポスターが貼ってあり、娘はひと目で気に入ったようでした。
    それがきっかけで本を手にしてみたら、たくさんの動物たちがキレイにかわいらしく描かれていて、私も気に入って買ってしまいました。
    文もリズムがよくて楽しい。
    水に浮く音の表現ってたくさんあるなぁと感心したり。

    絵本としてはちょっとお高い気もしますが、内容も音の出るしかけも楽しめると思います。

    投稿日:2008/01/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 実話をもとに

    • ナカヨクさん
    • 30代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子4歳、女の子1歳

    はらぺこあおむし以外の、エリックカールさんの絵本が読んでみたくて、図書館で選んだのがこれでした。
    おもちゃのアヒルが、大海原を旅するなんて、とってもユーモラス。それぞれのあひるが、それぞれの素敵な出会いをして・・・・・・・。最後は、かわいらしい仕掛けとともに、とっても暖かいキモチに包まれます。
    このお話が、2003年7月にアメリカで実際に新聞にのった記事をもとに書かれたと、前書きにありました。
    おもちゃのアヒルが、私たちの国にも、旅をしてたどり着いたら素敵ですね。

    投稿日:2008/01/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 実話に基づいたお話

    どんな話か想像もつかず読んでみたところ・・・

    おもちゃ工場から出荷されたおもちゃのあひるたちが、海を運ばれる途中に船から落ちて、海を漂うお話です。
    1匹1匹、色々な場所に漂って、最後の一匹は、本物のあひるのところに漂いますが・・・!


    思いもよらない結末に、結末に驚きましたが、
    とても心温まるラストでした。

    最後の安心感と希望に満ちた将来を描いてあります。

    子どもの想像力を豊かにする絵本だと思います。

    投稿日:2007/10/18

    参考になりました
    感謝
    0

24件見つかりました

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かける
    かける
     出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
    はらぺこめがね最新刊!ケチャップ、シロップ、粉チーズ…かけるは美味しくなる魔法です★


今月の新刊&オススメ絵本情報

みんなの声(24人)

絵本の評価(4.56)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット