だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!

よく利く薬とえらい薬」 みんなの声

よく利く薬とえらい薬 作:宮沢 賢治
絵:児玉房子
出版社:草の根出版会
本体価格:\1,500+税
発行日:2008年02月
ISBN:9784876482344
評価スコア 4
評価ランキング 22,275
みんなの声 総数 1
「よく利く薬とえらい薬」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ガラス絵で表現された宮沢賢治の作品

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子16歳、女の子11歳

    私はこの宮澤作品はこの絵本で読むまで全く知りませんでした。
    こんな面白い話も書かれていたんですね。
    ストーリーは割と横道な流れですが、言葉のやり取りとか、登場人物たちの個性の描き方が、宮沢賢治らしくてとても面白い作品でした。

    最近、名作といわれている創作童話が新しい画家(イラストレーター)さんたちの手によってリニューアルされたり、
    今まで絵本にはなっていなかった作品が、ここにきて新たに登場することが多くなったようです。
    特にグリムや宮沢賢治の作品は多くの画家の方々も、自分流に形にしてみたいという欲求が大きいのか、そういった作品の中でも数多くつかわれている気がします。

    この絵本は宮沢賢治の作品をガラス絵作家の児玉房子さんが、ガラス絵絵本として制作しています。
    特に7ページの2匹の「よしきり」の絵が描かれているシーンは、本当に“キーキー”とうるさそうな「よしきり」の感じが出ていて、見ていて楽しかったです。

    宮沢賢治の作品は声に出して読むと、また一段と味わいが出るので、このお話もぜひ、声に出して読んでみてください。
    小学校の2,3年生くらいから中学生・高校生が読んでも面白いと思います。

    掲載日:2011/11/25

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ねえ、「コワイ」って、もってる?

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット