アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵
作: アレクサンドラ・ミジェリンスカ ダニエル・ミジェリンスキ 編: 徳間書店児童書編集部  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

宇宙からきたかんづめ」 みんなの声

宇宙からきたかんづめ 作:佐藤 さとる
絵:岡本 順
出版社:ゴブリン書房 ゴブリン書房の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2011年11月
ISBN:9784902257236
評価スコア 4.6
評価ランキング 3,308
みんなの声 総数 4
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • これってもしかしたら・・・

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子、男の子

    新聞で紹介されていたので、図書館で借りてきました
    もうこれは、SFと御伽噺のスレスレのあたりの面白さでしょうか
    こんな身近な「かんづめ」に宇宙人が入り込んでいるって?
    いったいどうなっているんだろうと、読んだ子供はきっと興味津々でページをめくるに違いありません

    そんな読み手の期待を裏切らない、「かんづめ」から聞いた5つのお話は、これってもしかしたら「もも・・・・」とか、「スモール・・・」みたい、などなど記憶にあるようなキーワードが出てくるので気が抜けない感じが印象に残るお話になってます

    中学年以上の男の子にお勧めかな・・・

    掲載日:2012/04/10

    参考になりました
    感謝
    1
  • 懐かしい!

    私が小学生の時に読んだ本が新装版として出版されていました。
    大好きだったお話。特に「とんがりぼうしの高い塔」を読んだ時の衝撃は、30年以上経った今でも忘れられません。

    そして、今読んでもやっぱり面白い!
    まず、「かんづめ」が宇宙からやって来たという設定がユニークです。
    そして、主人公のぼくと、そのかんづめとの出会いも興味深くて、どんどん話に引き込まれていきます。

    そして、かんづめから聞いた話が5話。いずれも不思議で面白いお話です。
    ちなみに息子は「タツオの戸だな」がちょっと難しかったみたいでしたが、この本を通して、「宇宙」という未知なる世界を色々考えるきっかけとなったようでした。

    SFと、日本のお伽話と、児童文学。これらが上手く融合された、SF小説の入り口となる本だと思います。

    挿絵は、昔読んだ村上勉さんの絵でなかったのが残念でしたが、新装版にふさわしく、今の小学生に馴染みやすい絵柄になっていると思いました。

    掲載日:2014/04/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • SFとの出会い

    • ヤキングさん
    • 20代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子9歳、女の子3歳

    「おおきなきがほしい」や「コロボックル物語」で有名な佐藤さとるさんのSF童話。
    缶詰を模した宇宙調査船の中にいる宇宙人と、それを見つけた少年のお話です。

    内容は宇宙人が地球で調査中に起こった出来事を少年にせがまれ話すという、それぞれ独立した短編が5つ。

    特にお気に入りは最初のタイムマシンの話。
    タイムマシンは作れるの?という少年の疑問に答える形で、過去に実際にタイムマシンを作り、過去に行った人の話を聞かせてくれます。
    そのお話の最後がなんともユニークで、思わず感動してしまいました。

    もっともっとお話が聞きたかったのですが、5話しかないのがなんとも残念でした。
    今からでも続編を作ってくれないでしょうか・・・

    掲載日:2013/01/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 想像がふくらむSF童話

    • 多夢さん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 女の子11歳

    懐かしい。
    佐藤さとるさんの作品は、子供の頃からずっと読んで大好きです。

    ひょんなことから、ぼくは、おしゃべりする不思議な「かんづめ」を見つけます。
    「かんづめ」の声によると、遠い宇宙のはてから来たらしい。
    そして、かんづめに聞いた話として、物語は進んでいきます。

    @の「タイムマシンは川に落ちた」では、
    モモの形をしたタイムマシンを発明したフジタ博士のおはなし。
    タイムマシンを発明して、600年昔にもどる際に、
    あかんぼうになってしまって・・・とここまで聞けば、
    あとはどうなったか想像できますよね。

    B「いなくなったどろぼう」は、物を小さくする光線をだす懐中電灯を
    発明したどろぼうのおはなし。
    これはちょっととんまなどろぼうさんで、面白しろかったです。

    C「おしゃべりなカビ」は、宇宙をただよってきためずらしいカビのおはなし。
    算数の問題の答えを書いてくれたり、おしゃべりをしたり・・・
    こんな利口でおしゃべりなカビがいたらいいな〜と、
    羨ましくなりました。

    奇妙で面白くて不思議な話がいっぱい詰まってます。
    ひょっとしたら、知らない間に、こんなかんづめが地球に来ているかも
    知れませんね。
    なんて、想像するだけでワクワクしました。

    今、宇宙にも人類が行ける時代に、
    今の子どもたちは、どう感じるでしょうか。
    宇宙に気持ちをはせて、存分に楽しめたらいいですね。

    やはり、かんづめの中はすごかった!

    本書は、1967年の作品を、加筆、修正をしたものです。
    挿絵は、見たことあるな〜と思っていたら、
    佐藤さとるさんの絵本「ふっくらふしぎなおくりもの」の絵で
    お馴染みでした。

    掲載日:2012/02/08

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『こどものとうひょう おとなのせんきょ』かこさとしさんインタビュー

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.6)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット