雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
かずっこ☆さん 30代・ママ

心打たれる
宮沢賢治の心がまっすぐ表現されているこ…

紙芝居 かさじぞう」 みんなの声

紙芝居 かさじぞう 作:長崎 源之助
絵:箕田源二郎
出版社:教育画劇 教育画劇の特集ページがあります!
本体価格:\0+税
発行日:1986年04月
ISBN:9784876927876
評価スコア 4
評価ランキング 20,278
みんなの声 総数 2
「紙芝居 かさじぞう」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • たきぎうり??

    冬になり、冬らしい紙芝居を読みたくて借りてきました。

    かさじぞうをよみはじめたのに
    最初に登場するおじいさんはたきぎうりのおじいさん。
    間違えた??っと思い
    1枚目の絵を確かめました・・^_^;

    たきぎうりのおじいさんが
    かさうりのおじいさんと物々交換する展開。

    ちょっと意外でしたが
    味のある絵が、なにもかもを包み込み
    予定調和の昔話の安定感に癒されました。

    自分の中で、ちょっと昔話ブームがきそうです。

    掲載日:2015/02/04

    参考になりました
    感謝
    0
  • わたしのこだわり

    ひょんなことから、かさじぞうの話になり、
    図書館へ行ったついでに借りてみることに・・・。
    ところが、これがなかなか、思うのがないんです。
    私の中では、
    -------------------------
    @おじぞうさまに傘をかぶせるが、一つ足りず
     自分の頭にかぶっていた『てぬぐい』を
     かぶせてあげる
    A立ち去るおじぞうさまの中にひとり
     てぬぐいをかぶっているおじぞうさまがいる
    -------------------------
    このエピソードがどうしても必要。
    他にあった本は、てぬぐいでなく、
    自分がかぶっていた『傘』をかぶせてあげたり・・・。

    この紙芝居は、『てぬぐい』に関してはOK☆
    でも、このおじいさん、『たきぎ売り』で、
    かぶせてあげる傘は、まちで傘売りのおじいさんと
    交換した品。うーん?こんなんだっけ??

    だれもが知ってる昔話。
    だからこそ、自分の記憶の中のストーリーへの
    こだわりがあるなぁ・・・と感じた作品です。
    娘が大人になった時、きっと娘も『てぬぐい』に
    こだわるに違いない?(笑)

    掲載日:2011/11/28

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



賢治の祈り『雨ニモマケズ』柚木沙弥郎さん×松田素子さんインタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット