もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

透明人間のくつ下」 みんなの声

透明人間のくつ下 作・絵:アレックス・シアラー
訳:金原 瑞人
出版社:竹書房
本体価格:\1,400+税
発行日:2008年08月
ISBN:9784812435618
評価スコア 4
評価ランキング 22,275
みんなの声 総数 1
「透明人間のくつ下」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • タイトルは別の方がよかったかも

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子16歳、女の子11歳

    今、うちの子どもたちと“アレクッス・シアラーにハマっています。
    気軽に読めて楽しい!ちょっとした宿題などの息抜きでサラッ止と読めるところが魅力的です。

    全部ではないですが、ところどころ読み上げてうちの子に読んであげたら、めちゃくちゃ面白がってくれました。

    この話は、ある小学生のクラスが遠足に行ったとき(何年生とは書いていませんが、会話の仕方から想像すると4,5年生の位ではないでしょうか?)、
    時間つぶしに『リトル・ホラー館』という小さな個人宅の博物館に入ったことで、とんでもない事態が巻き起こるという、恐ろしくもおかしなお話です。

    うちの子どもたちは、ここに展示してある不思議なものを口に挙げるだけでワクワクしてくれたました。
    特に、私もうちの子も表題作になっている『透明人間のくつ下』に関わるお話のシーンよりも、
    “首絞め男の手袋”をはめてしまったクリスと、“デッドマンの靴下”をはいてしまったデイビッドとのやり取りの方が面白くて、ゲラゲラ笑いました。
    他にも、リトル・ホラーな物はいっぱいあったので、
    読み終わって思ったことは、この本のタイトル名、『透明人間のくつ下』って1つの物を断定するより、
    『リトル・ホラー館』か、『さわるな!』にしてほしかったな〜と、思いました。

    すごくコミカルで読みやすくて、面白いお話です。ドキドキワクワク、怖いものが好きな小学校中学年以上の子さんたちにお薦めします。

    掲載日:2011/11/28

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



第11回 『くつ あらいましょう』のさこももみさん

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット