もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

みずいろのマフラー」 みんなの声

みずいろのマフラー 作:くすのき しげのり
絵:松成 真理子
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\1,333+税
発行日:2011年11月
ISBN:9784494004584
評価スコア 4.6
評価ランキング 3,184
みんなの声 総数 9
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 読みながら泣いてしまいました

    • キョッチさん
    • 40代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 男の子8歳

    転校生のヨースケは、力が弱くて、走るのが遅くて、算数も苦手。
    そんなヨースケはみんなに嫌な事を押し付けられても、戸惑いながら従い、それでも、いつもその子たちと一緒にいました。
    その子たちはヨースケをいじめている意識は無くて、ヨースケも一人ぼっちでいるよりは一緒にいてくれる友達がいてくれる方がマシで…。
    きっとそんな友達関係ってよくあるのかも知れません。

    でもそんなヨースケの姿を見かけたお母さんが『みずいろのマフラー』に託した想いに、読みながら涙してしまいました。

    途中までは「いじめ」がテーマの絵本かと思っていましたが、これは友情と親子愛の絵本です。
    たくさんの子供たちに読んでもらいたいし、是非、親子で読んでもらいたいと思いました。

    掲載日:2011/12/06

    参考になりました
    感謝
    2
  • 母の愛

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    ちょっといじめなのかなとも思ったのですが、母の愛、そして友情が感じられるお話でよかったです。
    みんなと自分のこどもが仲良くできるように…と願う母親の心は同じ母親としてよくわかる気がします。
    「ライジング父さん」(←児童書です)という作品では彼らのその後の姿が見られますよ。

    掲載日:2015/05/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • 親子愛と友情

    • お豆腐さん
    • 30代
    • ママ
    • 北海道
    • 男の子7歳

    小学生になった息子と一緒に読みました。
    お母さんの愛と、友情の大切さが描かれています。小学校高学年の教科書にでてきそうな感じの内容でした。最後のほうは、涙なしでは読めませんでした。

    いじめているつもりはなくても、いじめになっていることもある、ということが描かれていて、読んでいると「ヨースケがかわいそうだ」と1年生の息子も感じたようでした。

    また、もう少し大きくなったら、一緒に読みたいと思います。

    掲載日:2014/07/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 読みながら、涙が出そうになりました。
    ヨースケの気持ちを考えて
    ヨースケのお母さんの気持ちを考えて
    ヤンチとシンちゃんの気持ちを考えて
    お母さん、どんなに心配したことでしょうね。
    手離しでハッピーエンドとは言えませんが、かすかな希望が感じられたのが救いだと思います。

    掲載日:2013/12/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 母の愛、友だちの重み大切さ

    友だちのあいだで弱い立場のヨースケ。そんな息子を見つめる母さんが「みずいろのマフラー」に託した想い。
    泣けて、泣けて、泣けて。途中から涙が止まらなくなり読むのに必死でした。
    子どもを想う母親の温かい気持ちがよく伝わってくる名作です。
    そして、友だちというものの大切さ、友だちの重みを深く感じる作品でした。

    『親はいつでも子どもの事を愛している』いうメッセージを伝えるために
    子どもたちに何度も読み聞かせをしたいです。

    掲載日:2013/08/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • 心に響くもの

    娘はまだ小さいので、いじめとか、「いじめられていてもお友達だ」と
    思う心とか、身近な大事な人の死、についてよくわかっていないと
    思います。だからこの絵本は少し難しいだろうなあと思いながら
    読んであげました。
    それでも。
    よくわかってはいないながらも、なにか心に響いたようで、読み終わった
    後、だまって、しんみりとみつめあってしまいました。

    ぼくらも。ぼくらだって、でもきっとヨースケのことが気になったから
    一緒にいたんだよね。だから、最後には反省して泣いちゃったんだよね。
    ヨースケのおかあさんだって心配になりながらも、でもきっとそんな
    こともわかってたからみずいろのマフラーを編んだんだよね。
    そんな風に思います。

    娘も、お友達のことをいじめたりからかったりなどせずに、仲良く
    できる子になってほしいなって思います。

    掲載日:2012/02/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • 読み聞かせに是非!

    • OKAさん
    • 40代
    • パパ
    • 東京都
    • 男の子10歳、男の子8歳

    いじめ、愛する人の死、そして友情、
    つい子どもの前でも身構えてしまう重いテーマですが、
    子どもはそれを受け止めることができる強さを持っている、
    そう感じさせてくれる本でした。

    最後まで涙を見せることなく読み聞かせることは、なかなか大変ですが、
    ウチの子どもも何かを感じてくれたようです。
    2012年、最初の読み聞かせでしたが、素敵な本と出会えて良かったです。
    お勧めです!

    掲載日:2012/01/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 男の子3人組。一人は、いつも困ったような顔で、おとなしくて、いじめじゃないけれど割の悪い役が当たってしまいます。そのお母さんに見咎められてから、どう接したらいいか分からず距離ができてしまった二人組。クリスマスをすぎ、正月を越え、、、距離のできたままとうとう男の子が転校することになります。実は、お母さんが病気で死んでしまい、親戚の家に行くことになったのです。二人は、その男の子のもとへ必死で走ります。病気のお母さんが息子のために編んだみずいろの、おそろいのマフラーを、その子は2人に渡します。

    後半部分が泣けて仕方なかったです。

    いじめじゃないのにできた距離感、うまく書けています。そして、クリスマスや正月といった楽しいはずの季節もかわいそうな一人ぼっちの男の子。それだけでも寂しいのに、お母さんが死んでしまうなんて。必死で男の子の元に走る二人の友達ととける雪が涙のように見えて、泣けました。そして何があっても「ありがとう」という強さを持つ男の子の姿にも、いじらしくて泣けました。みずいろのマフラーを編んだお母さんの気持ちも悲しすぎる。

    うっかりクリスマスに読んだけど、クリスマス向けというわけではなかったです。大事な人について再度考えさせられた絵本でした。大人の目線で読んで欲しい。

    掲載日:2011/12/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • お母さんの思い

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子、男の子

    内田麟太郎さんのブログで紹介されていたので図書館で借りてきました
    ぼく(シンイチ)のクラスにヨースケが転校してきた
    ヤンチと3人でいつも一緒に帰った
    物語はシンイチ少年が語ります
    ヨースケは嫌なことをされても、ひたすらこの二人と一緒にいた
    でもある時・・・・・

    友情って何だろう、友だちって何だろう・・・
    子どものときはそんなこと深く考えないで過ごしてきた
    それが成長とともに少しずつ感じるようになることも・・・
    「たのしくなるのは、これからじゃないか!」
    この言葉にぼくの本当の心を感じます

    ヨースケのお母さんの思いが、おそろいの水色のマフラーからじわじわと伝わって、思わず涙がこぼれてしまいました

    読み聞かせしたいけど今のところ、泣かないで読みきる自信がありません・・・
    でもみんなに読んでほしいです

    掲載日:2011/12/06

    参考になりました
    感謝
    0

9件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

こんとあき / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。
  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


第12回 『あったかいな』の片山健さん

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.6)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット