ほげちゃんとこいぬのペロ ほげちゃんとこいぬのペロ
作: やぎ たみこ  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
大人気!ぶさカワ「ほげちゃん」待望の第3巻目刊行!
ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば

ほげちゃん、頑張りました!
ほげちゃんが、こいぬのペロにやきもちを…

イボイボガエル ヒキガエル」 みんなの声

イボイボガエル ヒキガエル 作・絵:三輪 一雄
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,000+税
発行日:2005年10月
ISBN:9784033121406
評価スコア 4.68
評価ランキング 1,612
みんなの声 総数 24
「イボイボガエル ヒキガエル」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

24件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • 6歳の息子と3歳の娘に読みました。
    読み聞かせガイドの推薦で、『かわいいだけの絵本ではなく、少しグロテスクなイメージのある本も選んでみましょう』とあり、なるほど〜、と手にとって見た絵本です。
    確かにただかわいい、お洒落な絵本と言うのは心を素通りしやすいのですが、こちらはインパクトがあったのが、子ども達も興味を持って見てくれましたし、途中色々な声があがって、親子で楽しめました。
    最後のしめくくりも良かったです。

    掲載日:2016/10/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 人気はないけどすごいんです!!

    このお話は、みんなに人気者のあまがえると人気のないヒキガエルを比べたお話でした。最初はアマガエルの良い所ばかりのお話だったのですが、途中からヒキガエルが自分で自分のいいところをアピールするお話に変わっていきました。ヒキガエルのアピールの時のお話がうちの子は気に入っていました。

    掲載日:2015/08/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • そうだったんだ!

    4歳の息子と読みました。
    最近、近くの公園でヒキガエルの子どもを連れてきて、庭に放しています。
    そんなこんなで、彼は今、とてもカエルに興味を持っているのです。
    なので、この絵本には夢中。

    結構、豆知識が増えます。
    トウドって、英語でヒキガエルのことだったんだとか。
    吸盤がなかったんだとか。
    知らないことばかりです。
    カエルのイメージでヒキガエルは語ってはいけないのですね。

    ヒキガエルが関西弁で話すのも楽しい。
    ぐーんと身近に感じます、ヒキガエル。
    結構、かわいいです。

    掲載日:2015/06/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • ガマガマ新聞  なかなか勉強になりますね!
    イボイボガエル ヒキガエル ちょっとグロテスクなところあるけれども・・・・

    アマガエルと比べられて 気持ち悪がられて かわいそうです

    でも 流石 自分の身を守る術をもっている(毒があるんだ)    
    一番怖いのは 車!

    そうか 車にひかれるのは かわいそう!

    昔は車が少なかったけれども でも・・・・・今はいっぱい車が通るから 生きにくくなってるのですね
    でも  しぶとくいくる  この言葉は 実に重みがありますね
    立派ですよ!
    がんばれ! 応援したくなります

    ガマガマ新聞その1 その2  いろいろ詳しく書いてくれて・・・・     勉強になりました  いいですね〜

    掲載日:2015/05/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • ヒキガエルになりきる

    • たぽたぁぽさん
    • 40代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子11歳、男の子7歳

    小学校6年生の子どもたち全員を対象にした、
    読み聞かせの会で紹介しました。

    全員といっても50人ほどでしたので、
    本のサイズはやや小さめですが、
    いちばん後ろの子どもでもなんとか見えました。

    ヒキガエルがこてこての大阪弁で、
    説教ぽく熱く語る口調でおはなしが進んでいきます。

    読み聞かせをするときは、
    「ええか〜」と人生を熱く語るヒキガエルになりきります。
    なりきることで、子どもたちもおはなしの世界にぐっと入ってきます。

    人生について語られているものの、
    語っているのはかえるさんなので、
    堅苦しさや重さは感じられません。

    小学校高学年から中学生への読み聞かせに
    おすすめだと思います。
    読み聞かせの際は、
    ぜひ俳優になったつもりで楽しんでください。

    掲載日:2015/05/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • かわいくはないけど

    • らずもねさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子7歳、男の子5歳

    たしかにヒキガエルが現れると
    何とも言えない気持ち悪さに悲鳴が聞こえるでしょう。
    そんな風に生きているヒキガエルのことなんて
    考えたこともありませんでした。
    でも一生懸命煙たがられながらも生きているヒキガエルに
    だんだん気持ちが移ってきます。
    だからと言って応援したい気持ちでいっぱいなのですが
    目の前にしたらあのいでたちにやはり悲鳴なのでしょう。

    子供達は思ったよりみどりのカエルと扱いは一緒のようで
    なぜ気持ち悪がっているのかがわからない様子でした。
    すこいなひきがえる!という反応でした。

    掲載日:2014/11/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しみながら勉強になります

    • 図書うさぎさん
    • 40代
    • ママ
    • 香川県
    • 女の子13歳、男の子11歳

    この本は娘が1年生の時読み聞かせボランティアの先輩ママに教えてもらいました。
    カエル嫌いの私と娘  自分では絶対手に取ることはなかったと思います。娘はこの本を見せただけで拒否反応だったので、時間をおいて(9歳になって)一緒に読むと意外とくいついてきました。
    カエルの中でも差別されていたり、違いをわかりやすく説明してくれているので、知らない間に勉強になります。
    ラストの哀愁おびたセリフはなんとも言えません。
    三輪一雄さんの絵本はおもしろくて勉強になる絵本が他にもたくさんあるので、高学年の読み聞かせでも活躍しています。
    11歳の息子は「なっとうくん西へいく」が好きです。

    掲載日:2013/03/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 展開がおもしろい

    • @443さん
    • 30代
    • ママ
    • 京都府
    • 男の子11歳、男の子1歳

    小学校4年生の読み聞かせに使いました。
    初めはグロテスクなカエルの絵に驚きますが
    話が進むにつれどんどん引き込まれていきます。
    気持ち悪いだけだったイボガエルでも「とりえ」がある。
    それがとっても深い・・・。
    最後は誰もが納得の結論です。

    掲載日:2010/06/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 中表紙に描かれた「ガマガマ新聞」必見

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子15歳、女の子10歳

    三輪さんの作品は「ガンバレ!!まけるな!!ナメクジくん」で、
    しっかりしたリサーチのもと、カタツムリ(いろいろな別名あり)と、からのないナメクジを比較して、大変楽しい絵本を見せてくれました。

    今回の「ヒキガエル」の絵本も、子どもたちにわりと好かれている「アマガエル」と比較しながら、きちんと調べられた「ヒキガエル」の素顔を、面白楽しく教えてくれている絵本でした。
    本文も大変面白かったのですが、中表紙に描かれた「ガマガマ新聞」には、ガマガエルのミニ知識がぐっと凝縮されていて、面白く読ませていただきました。
    子どもたちの興味をひしつつ、大人でもあまり知らない豆知識をさらりと伝えてくれる面白い絵本です。

    掲載日:2010/06/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • カエル博士になった気分

    蛙について、いろんなことが書かれています。
    この絵本を読むと、アマガエルの得意なことや
    ヒキガエルの実態が分かってしまします。

    英語でカエルって2種類の言い方があるんだよとか
    おたまじゃくしの時の顔もカエルの種類によってちがうんだよとか
    ジャンプの得意なカエルとそうでないカエルがいるとか

    でも前半は、ただでさえ嫌われがちなヒキガエルに不利なことばかりが書かれています。
    後半はヒキガエル自身が自分のとりえを主張します。
    関西弁で力強く!絵もかなり力入ってます。
    ヒキガエルの表情がなんとも言えません!
     見た目だけで判断するなよ!
     誰でも長所があるんだぞ!
    って強いメッセージも感じられました。

    表紙裏のガマガマ新聞も楽しかったです。
    お話を楽しみながら、知識も蓄えられるお得な絵本です。

    掲載日:2010/03/13

    参考になりました
    感謝
    0

24件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / まどから おくりもの / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ぼちぼちいこか / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『はやくちこぶた』早川純子さんインタビュー

みんなの声(24人)

絵本の評価(4.68)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット