だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!

おとうとねずみチロはげんき」 みんなの声

おとうとねずみチロはげんき 作:森山 京
絵:門田律子
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1997年03月
ISBN:9784062085236
評価スコア 4.33
評価ランキング 11,025
みんなの声 総数 2
「おとうとねずみチロはげんき」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 5話入ってます

    このお話は短いお話が5話集録されていました。どのお話も、兄妹、家族間のあったかいお話ばかりでうちの子は楽しんで聞いていました。私も短いお話ばかりだったので、時間のない時にも子供に読んであげやすくてよかったです!!

    掲載日:2015/10/12

    参考になりました
    感謝
    1
  • お兄ちゃんお姉ちゃんと一緒がいい。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子16歳、女の子11歳

    ねずみの3きょうだいの末っ子・チロのおはなし第2弾です。
    今回は「そろそろ」「うんうん」「ぷうぷう」「ほうほう」「ざあざあ」という短いお話で構成されています。

    チロには兄さんねずみと姉さんねずみがいて、ふだんはとても優しいようですが、時々意地悪になったり、味噌っかすにされたりして、シュンとなってしまいます。
    森山さんはこういう子どもたちのやり取りや子気持ちの流れをしっかりわかりやすく表現してくれているので、
    読み手の子どもたちもチロの気持ちや、お姉ちゃんお兄ちゃんお気持ちになって読めるんじゃないかな〜と、思います。

    今回は特に、お兄ちゃんお姉ちゃんにおいて行かれまいとして、一生懸命同列に並ぼうとするチロの姿が、とてもほほえましかったです。
    低年齢の字に慣れていないお子さんたちにも、とても読みやすい本の作りになっています。
    また、門田律子さんのチロたちの挿絵が、イメージをふくらましてくれるので、楽しいです。
    5,6歳から低学年くらいのお子さんたちにお薦めします。
    特にきょうだいの下のお子さんたちには、チロのやることなすことに、「うんうん」と、うなずきたくなることが多いのではないでしょうか?

    掲載日:2011/11/30

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



たたかえ!じんるいのために!

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット