うまれてきてくれてありがとう うまれてきてくれてありがとう
作: にしもとよう 絵: 黒井 健  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
プレゼントにも喜ばれています。いのちの大切さを伝える1冊

おとうとねずみチロとあそぼ」 みんなの声

おとうとねずみチロとあそぼ 作:森山 京
絵:門田律子
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:1997年09月
ISBN:9784062088695
評価スコア 4.33
評価ランキング 12,014
みんなの声 総数 2
「おとうとねずみチロとあそぼ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 読みやすい本です。

    小学校1年生の娘のこくごの教科書に「おとうとねずみチロ」が載っていました。おばあちゃんが3きょうだいにマフラーを編んでいるお話です。
    こちらの絵本はチロのお話の第3弾で夏から秋にかけてのお話で構成されています。
    小学校低学年の子供にはとても読みやすい本に思いました。

    掲載日:2018/01/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • チロが少しずつ成長してます。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子16歳、女の子11歳

    ねずみの3きょうだいの末っ子・チロのお話、第3弾です。
    今回のお話は「ぺろぺろ」「しくしく」「だぶだぶ」「ことこと」「ばあばあ」の5つで構成されています。
    気のせいか、このねずみのきょうだい、ほんの少しずつですが、成長しているような気がします。
    お兄ちゃん・お姉ちゃんねずみも、チロも!
    挿絵の門田さんの描く絵も、みんながちょっとずつ大きくなっている気がしてなりません。

    この間の中で、読み手のお子さんたちに特にお薦めなお話は、「だぶだぶ」。最初はお兄ちゃんたちに置いてきぼりを食って、淋し出だしでしたが、最後がよかったです。こういうお話を読むと水遊びがしたくなるかもしれませんね。
    なので、できれば読むのは暑い季節の方がいいかも…。
    (私が読んだのは冬だったので、チロの水遊びの姿が寒そうに見えて仕方ありませんでした)

    掲載日:2011/11/30

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • ぞうのエルマー
    ぞうのエルマー
    作・絵:デビッド・マッキー 訳:きたむら さとし 出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    5月26日は、エルマーの日。まるで体がパッチワークみたいにカラフルな、ぞうのエルマーが活躍します。


20か国以上で大反響!プログラミングの魔法の世界へようこそ

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット