大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!

紙芝居 くじらやま」 みんなの声

紙芝居 くじらやま 作・絵:多屋 光孫
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\1,900+税
発行日:2012年01月
ISBN:9784494091270
評価スコア 4
評価ランキング 19,440
みんなの声 総数 3
「紙芝居 くじらやま」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 楽しく読めました。

    想像と全く違うお話でした。

    くじらが山にいることは想像しましたが、

    その山の話だと思ってました。

    くじらが大きなくしゃみをしたり、

    おならをするところは

    大爆笑しながらみてました。

    だけど、愉快な話ってわけでもないし、

    まぁ、いわゆる昔話でした。

    表紙の絵が山の上に大きなくじらの絵

    なんですが、よく見ると迫力あります。

    掲載日:2014/04/10

    参考になりました
    感謝
    1
  • 大爆笑でした!

    • あっきーさん
    • 40代
    • ママ
    • 千葉県
    • 男の子11歳、男の子9歳

    「むかしむかしのおおむかし。くじらは うみじゃなくてやまにすんどった。」
    大きくなりすぎて山に住めなくなったくじらと、あばれまわって海に住めなくなった いのししとが、神様の計らいで住みかを入れ替わるというおはなし。
    この作品、絵には力があり、おはなしもとても楽しい。
    関西弁の語り口もおもしろさを増強してます。

    小学校の特別支援学級で、1年生〜4年生13人の児童に読みました。
    特大くしゃみに、山を揺るがすおならと絵の迫力とマッチして、子ども達は大爆笑。
    転げまわる子もいました。
    ここまでうけてくれると、読んでいて気持ちよかったです。
    また、読んでいきたい作品です。

    掲載日:2013/06/13

    参考になりました
    感謝
    1
  • 子どもの表情がおもしろい

    学校での読み聞かせに未だ紙芝居を使ったことがないので
    何かいいモノがないかなと探していたところ
    図書館で見つけました。
    昔はくじらは山に住んでいたんだって・・・・っていう
    導入からして子どもたちを釘づけにしてしまいそうなお話。
    くじらさんがおんおん泣いたり
    山の動物たちがくじらに振り回される様子が滑稽です。
    子どもも「ありえなーい」と言いつつも笑って聞いてました。
    大阪弁なので余計にユーモアが増すような気がします。

    掲載日:2012/02/01

    参考になりました
    感謝
    1

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



子どもたちの英語学習や読み聞かせに最適

みんなの声(3人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット