モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしもの モモンガのはいたつやさんとクリスマスのおとしものの試し読みができます!
作・絵: ふくざわ ゆみこ  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
「モモンガのはいたつやさん」最新刊は、クリスマスのお話!
モカミさん 40代・ママ

可愛らしい
娘がふくざわゆみこさんの本が大好きで、…

スミス先生と海のぼうけん」 みんなの声

スミス先生と海のぼうけん 作:マイケル・ガーランド
訳:斉藤 規
出版社:新日本出版社 新日本出版社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2011年07月25日
ISBN:9784406054973
評価スコア 4
評価ランキング 18,977
みんなの声 総数 4
「スミス先生と海のぼうけん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • いろんなお話がいっぱい

    7歳5歳の娘たちに読みました。

    このお話に出てくるのはスミス先生。スミス先生が本を読んでくれると、本の中のお話が本当になってしまうんです。今回は水族館で、スミス先生が海の世界のお話をしてくれます。

    娘たちは人魚姫のページで大興奮。海賊船のページでドキドキ。

    男の子でも女の子でも楽しめる絵本です。

    掲載日:2015/07/30

    参考になりました
    感謝
    0
  • ネモ船長のノーチラス号がGood

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 広島県
    • 男の子12歳、男の子6歳

    2003年から刊行されたスミス先生シリーズの1冊。
    「スミス先生とふしぎな本」は以前読んだ事があり、本の中の出来事が現実になる、その発想にワクワクした記憶があります。

    今回の舞台は、水族館。
    ここで、スミス先生が本を読むのですが、水族館で本を読む?って一寸違和感を感じます。
    本に出てくる物語は、白鯨、人魚姫、宝島、ロビンソン漂流記、ガリバー旅行記、海底二万哩と、海に因んだものばかり。
    確かに、水族館と繋がりは無い訳ではないものの、ここで読む必然性が感じられません。

    物語は、いつものように、本の中の出来事が現実化し、みんなもその世界に登場することになるのですが、絵が余りにマンガチック過ぎの感があります。
    特に、ロビンソン・クルーソーなんて、興醒めしてしまいました。
    ネモ船長のノーチラス号なんて、それなりに雰囲気が醸し出されていたので、とても残念。

    物語の発想は面白く、絵も場面によってはとても良いシーンもあるのですが、全体の流れとして考えると、纏まりに欠けたきらいがあります。
    物語に登場する本が、小学生以上が対象なのに、絵のテイストが小学生未満というアンバランスさは、やはり気になるところです。

    登場人物のことはさておき、物語として幼稚園児対象とした読み聞かせを楽しむのが良いのかも知れません。

    掲載日:2012/02/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • 海洋冒険物語の名作が続々と

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子18歳、男の子15歳

    スミス先生が読んでくれたおはなしが、本当に目の前に現れるシリーズの
    海の冒険物語バージョン。
    今回は水族館へ遠足、ということですね。
    リアルな海の生き物を目の前にしてのおはなし、とても素敵です。
    さて、今回本から飛び出してきたのは、童話『人魚姫』から、
    『白鯨』、『海底二万里』『ロビンソン漂流記』など、重厚な読み物まであって、
    迫力満点です。
    しかも、主要な登場人物やメッセージもさりげなくきちんと描かれていて、
    何かの折にちゃんと熟読しようとする時のヒントになりそうです。
    『ガリバー旅行記』の、有名な、縛り付けのシーンが実にリアルで、
    愉快でした。
    このままブックトークにも使えそうですね。
    私ももう一度、これらの本を読んでみたくなりました。

    掲載日:2012/01/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • 楽しそう!

    • イザリウオさん
    • 40代
    • ママ
    • 群馬県
    • 男の子11歳、男の子9歳

    もともと本を読むと、まるで自分がその体験をしたような、擬似体験をすることができます。

    だからこそ、本を読むと普段の生活から抜け出して、未知の世界に入ったみたいでわくわくしてしまうのです。

    スミス先生が本を読むと、それが本当になってしまうのですから、擬似体験どころか、経験ですよね。

    いろんなキャラクターが出てきて、アップテンポですぐ読み終わってしまうのですが、なかなか面白かったです。

    掲載日:2011/12/01

    参考になりました
    感謝
    0

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

こんとあき / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語


柚木沙弥郎さんのあかるい「雨ニモマケズ」

みんなの声(4人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット