雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
アダムのママさん 40代・その他の方

この詩、大好きです
宮澤賢治の作品は、必ずしも好きなものば…

テーブルマナーの絵本」 みんなの声

テーブルマナーの絵本 作・絵:高野 紀子
出版社:あすなろ書房 あすなろ書房の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:2011年11月
ISBN:9784751525487
評価スコア 4.84
評価ランキング 119
みんなの声 総数 24
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

24件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ
  • 大人が読んでもためになります

    文字通りテーブルマナーの絵本ですが、
    「いただきます」や「ごちそうさま」の意味、
    よそのお宅へ遊びにいったときのマナーなどについても書いてあり、
    子供たちに知っていてもらいたいことがたくさん載っていました。

    春夏秋冬、旬の野菜や季節のお菓子なども載っており、見ていてとても楽しいです。
    日本茶や紅茶のおいしい入れ方などものっていて、
    単にテーブルマナーだけの本ではなく、食に関する様々な知識や感性を養える本だなと思いました。

    高野紀子さんの絵がとても可愛らしく見ていて飽きません。
    文章は、割と細かでふりがな無しの漢字が多く使われているので
    7歳の娘は一人では読めなくて残念がっていました。
    小学校低学年のお子さんが一人で読むのには不向きかもしれませんが、
    中学年あたりになれば一人でも読めると思います。
    親子でゆっくり時間をかけて丁寧に読んでいくともっと良いと思います。

    どのマナーも大事だと思いますが、
    私は外食のマナーの章を子供たちに読んで欲しいなと思いました。
    ドリンクバーやブッフェスタイルのお店のマナーなど、身近なお店でのありがちな事案が載っています。

    子供のために正しいマナーを教えることは、親の大事な役目だなと改めて思いました。

    子供たちがいつでも読めるように、手元においておきたい絵本だなと思いました。

    掲載日:2012/03/23

    参考になりました
    感謝
    3
  • 身に付けてほしいこと

    「ためしよみ」を利用させていただきましたが、子どもたちに
    身に付けてほしいことが可愛いイラストと共に丁寧に書かれています。
    私自身、知っているつもりで普段は特に気に掛けない事柄に、
    大人の役割を考えながらじっくりと読んでしまいました。
    「食育」は、学校や地域社会で学ぶ機会はありますが、この本なら
    家庭で楽しく学ぶことができると思います。

    掲載日:2012/12/05

    参考になりました
    感謝
    1
  • 大人も勉強になります。

    年長の娘に、食事中のマナーについて知ってほしくて読みました。
    親子で、一番良く読んだのは「お箸でしてはいけないこと」です。
    日ごろから、注意していたことが、絵本では理由などとともに描かれているので、納得できたようです。

    和食のマナー、洋食のマナー、外食のマナーが可愛らしい絵とともに描かれていて、大人でも大変勉強になりました。

    食事だけでなく、四季の食材やよそのお宅へ遊びにいったときのマナー、どんなお店でも気を付けることなど、幅広く紹介されています。

    絵も文字も細かく、漢字も多いですので、子どもが一人で読むのは難しいと思います。
    読み聞かせるのも大変そうなので、ことあるごとに絵本を開いて、子どもとマナーを確認する、という使い方が良いのかなと思いました。

    親が口うるさく言っても、なかなか伝わらない食事のマナーですが、こうして絵本で見ることで、素直に受け入れて心に残ってくれるような気がします。

    かなり大きくなっても、勉強になると思うので、手元に置いてたびたび開いてみたいと思う絵本です。

    掲載日:2012/10/11

    参考になりました
    感謝
    1
  • まだテーブルマナーはおろかスプーンやお箸も満足に使えない子供に読み聞かせするのは早いと思ってこの本は私が時々読んでいました。
    しかし、先日子供に隠し場所から持って来られてしまったので、少し読んだところ、可愛らしい絵に子供は珍しく興味津々でした。
    今子供は絵のかわいさだけに興味を持ってしまっていますが、大人がちょっとした会食や目上の方などと食事をする前に読むにも役立ちそうですので、そのうち本文も読んで、テーブルマナーを学んでくれると良いなと思っています。

    掲載日:2012/09/28

    参考になりました
    感謝
    1
  • 食を楽しもう☆

    食事って、ただ栄養を摂取する為だけのものではなくて、振る舞いひとつで、美味しく、そして、楽しい時間にしてくれるんだなって、あらためて感じました。

    料理の置き方、箸やナイフ・フォーク、食器の持ち方はもちろん、旬の食材やよそのお宅に遊びに行ったときのルール、外食のマナーも、知ることができます。

    どのページもカラフルで、おいしそう♪(←これが、一番重要☆)
    かわいいどうぶつ達で、親しみ易い♪
    「こうしなさい」というより、「こうするんだね〜」という感じで、娘と楽しくみています。
    繰り返し楽しむことで、自然に身につけていって欲しいなって思います。

    掲載日:2012/07/18

    参考になりました
    感謝
    1
  • テーブル作法の基本

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子18歳、男の子16歳

    子ども向けにテーブルマナーを易しく解説した絵本ですが、
    大人も十分学べる、本格的な内容となっています。
    和食、洋食、外食、それぞれのマナーが網羅されています。
    食器やお箸、カトラリー(スプーンやフォークなどのこと)の置き方、
    持ち方、扱い方。
    こうやって見ると、実にたくさんのマナーがありますね。
    でも、全て、食べ物や物を大切にすること、人に迷惑をかけないこと、
    感謝の気持ちなのですね。
    大人も今一度、じっくりチェックしてほしいです。
    私もとても勉強になりました。

    掲載日:2012/06/26

    参考になりました
    感謝
    1
  • 是非、親子で♪

    『和』の絵本の方のですね?
    なるほど!

    これは、お子さんと一緒に
    大人も勉強出来ます(^^ゞ

    食事をしていて
    ちょっと変?と思うことってあります
    気付いていないのか
    教えられていないのかな?

    経験が大切ですが
    その場で本人が気付けばいいけど
    結構、そのままでスルーしているのかもしれません

    「食育」のひとつとして
    この絵本も紹介させていただきます

    結構内容が濃いので
    文字が小さくびっしりで
    まるで辞典のようにも(^^ゞ

    「おわりに」の言葉は
    とても素敵なメッセージです

    掲載日:2012/06/01

    参考になりました
    感謝
    1
  • そうだったんだ!

    子どものために読むつもりでしたが、大人の方が「そうだったんだ!」と気づかされる内容が。和食がメインのようですが、後ろの方のページで洋食や中華の内容もありました。知っているつもりでも、意外と勘違いしているマナーもあり、子どもといっしょに勉強になりました。一読して損はない絵本です。

    掲載日:2016/11/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • ためになる一冊

    • てつじんこさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子6歳、男の子3歳

     絵がとてもかわいらしく,楽しそうに食事をしている様子に心が和みます.テーブルマナーが子どもにも分かりやすく説明してありました.
     和食のマナー,洋食のマナー,それぞれの国によってちがうお箸の使い方など,食事に関するありとあらゆることが掲載されていて,大人の私でもとても読み応えがあり,勉強になりました.
     年長の息子にと思って図書館から借りてきましたが,文章が多くて一人で読む気にはならないようなので,親子で一緒に読んでいます.
     読んでるうちにどんどん,うちにも一冊置いておきたいという気持ちが強くなってきました.そのうち購入したいと思います.

    掲載日:2016/01/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • とてもためになる絵本!

    お箸や器の置き方と持ち方,和食洋食それぞれのマナー,季節についての食知識,ためになることがたくさん描かれていました!
    イラストも温もりある色合いで,動物達と一緒に学んでいくというところが子供も興味を持って楽しむことのできるマナーブックですね。

    この絵本は大人の私が読んだのですが,子供の頃(小学校高学年くらいだったでしょうか)洋食のテーブルマナーの講座&食事会に親に連れて行ってもらったことを思い出しました。そういう場に連れて行ってくれた親に感謝です。
    そういう知識をつけてあげるのも親の役目なのだということを,親となった今改めて感じると共に,今度は自分が我が子にしてあげたいなと思いました。

    掲載日:2015/10/05

    参考になりました
    感謝
    0

24件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / じゃあじゃあびりびり / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


風変りで美しい表現方法がたくさん!

みんなの声(24人)

絵本の評価(4.84)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット