あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
あんじゅじゅさん 40代・その他の方

確かに、あくたれ
「あくたれ」というなんだかパンチのある…

ミッシング 森に消えたジョナ」 みんなの声

ミッシング 森に消えたジョナ 作・絵:アレックス・シアラー
訳:金原 瑞人
出版社:竹書房
本体価格:\1,300+税
発行日:2005年08月
ISBN:9784812422953
評価スコア 4
評価ランキング 22,256
みんなの声 総数 1
「ミッシング 森に消えたジョナ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • リアルなシーンでもどこか笑いを誘う描写

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子16歳、女の子11歳

    消防車を追いかけて、それっきりどこか得行ってしまったジョナ。親友のジョナ。
    最後に言葉を交わしたジョーは、彼を引き止めなかった自分、学校をさぼっていることを(最初はすぐ戻ってくると思っていた)ジョナを守るために、ジョナの行先を黙っていたことにひどく罪悪感を抱きながら毎日をやり過ごしていきます。
    ジョナが行方不明になってからの周りの人たちの動きをジョーの目から見て読んでいると、“あぁ人間って、こういうところあるよね〜”と、思います。作者の人間心理をさりげなく醸し出すような描写は、どの本を読んでいても、さすがだなと思いました。

    全体が「行方不明」ということを取り扱っているにもかかわらず、内容がずっと暗いわけでなく、リアルに怖いシーンでもなぜか笑いを誘うようなやり取りや描写があったりして、
    読んでいて面白かったです。
    「アナ」という女性が物語のカギを握っているのですが、
    主人公とのかかわり方もすごく読ませてくれました。

    小学校の高学年くらいからでも、内容的には十分読めますが、共感できるのは中学生・高校生くらいからかなぁと、思います。

    掲載日:2011/12/06

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



すべてのおとなとこどもに贈ります

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット