だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!

ねんねのうた」 みんなの声

ねんねのうた 作:いちかわ くみこ
絵:ひろの たかこ
出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2011年12月15日
ISBN:9784333025145
評価スコア 4.45
評価ランキング 7,476
みんなの声 総数 19
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

19件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • ママの抱っこでねんね

    ねんねって何とも心地よい時間です。そんな赤ちゃんがママに抱っこされて気持ちよさそうにねんねする時間をゆったりと描かれた絵本です。

    色鉛筆の柔らかな色彩と、ふっくらほっぺでぷにぷにした赤ちゃんらしいからだが実に忠実に描かれていて、自分も赤ちゃんを抱いているかのような優しい気分になります。

    これを読めば、間違いなくお昼ねに突入!です。
    ただし、抱っこでお昼寝・・を求められてしまうのが難点ですが。

    でも、子どももママの抱っこで寝るのが一番安心できるんですよね。

    子守歌もついているので歌いながら読むのも良いかもしれません。

    掲載日:2016/09/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • まさに!

    現在0歳の娘。寝かしつけに手こずってるところで共感しました!
    寝てるかな〜と思ってベッドにおくと、起きるんですよね(笑)
    でも寝入ったときは手足に力が入ってなくてだらーんとなる感じ。まさにこの状態です!
    この絵本と同じで赤ちゃんの無防備な寝顔はたまらないですね。

    掲載日:2016/01/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 穏やかなお母さん!

    4歳幼稚園年少さんの娘を持つ親の私が読まさせていただきました。
    我が家の娘は赤ちゃんの頃から寝かしつけには本当に苦労をしてきました。
    私はこのお母さんのように「まだお口とほっぺがわらっている」「まだおててとあんよがわらっている」などと心穏やかに寝かしつけできていただろうか。。と反省を込めて読んでしまいました。
    「早く寝てちょうだい!」と,寝かしつけにはイライラした日々だったので。
    子供の寝顔は本当に愛おしくて可愛くて,でも寝かしつけは大変でした〜。

    掲載日:2014/10/05

    参考になりました
    感謝
    0
  • ママ目線の絵本

    娘はなかなか寝ない子でした。
    寝たと思っても少し動かしただけで目がぱっちり(苦笑)。
    寝かせるのはとても苦労していました。

    だからこの絵本を読んだとき、娘よりも私が食い入るようにみてしまいました。あぁ、こんな感じだったなぁと当時の情景がはっきり浮かんできて、とても懐かしい気持ちになりました。

    掲載日:2014/08/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 愛しい赤ちゃん

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    赤ちゃんがとっても愛らしく愛しい絵本ですね。
    自分の子供の赤ちゃん時代を思い出しました。
    やっぱり赤ちゃんっていいなー。
    絵からも文からもやさしさがあふれている感じがします。
    やわららかいタッチがお話とよく合っていて癒されます。

    掲載日:2014/06/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 幸せそうな表情

    ふわふわとした柔らかな色合いで、
    もう少しでねんねしそうな赤ちゃんと、
    優しい子守歌を歌うお母さんが描かれています。

    赤ちゃんとお母さんの幸せそうな表情は
    見ているだけで心が落ち着きます。

    最後のページで、作中に登場する「ねんねのうた」が紹介されています。
    楽譜がついているので、実際に歌を覚えられるところが嬉しいです。

    掲載日:2014/01/07

    参考になりました
    感謝
    0
  • お母さんの 子守歌の優しさ

    赤ちゃんがお母さんの胸に抱かれて 安心した顔で ねんねしている様子が  うまくとらえられていて とっても 幸せな気持ちになれます

    赤ちゃんを寝かしつけるときの お母さんの愛情が 子どもに伝わって
    本当に安心しきっているんです

    ♪ねんね ねんね〜♪ 子守歌を歌いながら お母さんが こんなふうに赤ちゃんを寝かしてあげると 赤ちゃんは 幸せですね

    何にも変えられない 至福の時です

    絵も優しいですし  子守歌もいいです

    ママにおすすめの絵本です

    掲載日:2013/03/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子守唄

    ぷっくらした可愛いあどけない女の子の赤ちゃんと優しいおかあさんに癒されます。やっと寝てくれてほっとしているおかあさんだから、我が子の寝顔をみて少し余裕が出てきて愛情をたっぷりそそげることに満足できるのでしょう・・・・・・  ゆったりと子守唄も歌ってあげれそうな気持ちになれるとても素敵な絵本です。

    掲載日:2013/03/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • ねんねして

    子どもがねない時、早くねんねしてーと
    絶叫したいのですが、
    寝るまでに段階があるんですよね。
    私も長男を育てている時はノイローゼ気味でしたが
    次男となると、眠りそうっていうアバウトな感じが分かってきました。
    焦らなくてもいい。
    時間なんて関係ない。
    じっくり我が子をみつめていれば
    寝てるかどうかすぐわかる。

    掲載日:2013/03/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • 自作子守唄を作りたくなります

    • まゆくらぶさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子5歳、女の子0歳

    図書館のおはなし会でこの絵本を知りました。

    「おててとあんよがわらってる」

    という歌の歌詞(?)と、ゆったりとした穏やかな絵に惹かれました。
    歌わないで普通に読んでも、とても穏やかな気持ちになれます。

    この絵本の裏表紙の内側に「ねんねのうたによせて」という作者のコメントが載っているのですが、各家庭で歌をアレンジしてオリジナル曲を作ってくださいと書いてあり、とても好感が持てました。

    この絵本の子守唄は一例であって、各家庭にいろいろな子守唄があっていいということをこの絵本が教えてくれました。

    私もよく0歳の娘に子守唄とは言えないような自作の歌を口ずさんだんだりするのですが、そんな歌でも赤ちゃんが安心して寝てくれるなら、とても素敵な子守唄なのだと思いました。

    「もうねたかな」という言葉にも共感できます。
    なかなか寝付かない赤ちゃんにイライラするお母さん。けれど、その時はこの絵本の言葉を思い出せば、少し気持ちが楽になると思います。

    「あぁ、まだあんよがわらっているな〜」

    なんて思えたら気長に寝かしつけできそうです。

    お子さんにというより、お母さんに贈りたい絵本です。

    掲載日:2012/09/25

    参考になりました
    感謝
    0

19件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



賢治の祈り『雨ニモマケズ』柚木沙弥郎さん×松田素子さんインタビュー

みんなの声(19人)

絵本の評価(4.45)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット