十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

希望の筆 ダウン症の書家・金澤翔子物語」 みんなの声

希望の筆  ダウン症の書家・金澤翔子物語 文:丘 修三
出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2011年12月
ISBN:9784333025091
評価スコア 4.33
評価ランキング 11,025
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 壁を越えるために

    • 図書うさぎさん
    • 40代
    • ママ
    • 香川県
    • 女の子13歳、男の子12歳

    私が金澤翔子さんのことを知ったのは「金スマ」という番組でした。
    我が子が「ダウン症」という障がいを背負って生まれてきたことをなかなか受け入れらればかったお母さんが、書道を教え、どんどん上達していく姿は胸を打たれました。
    この本の中で、翔子さんは書道の基本「右上がり」が理解できず、それを理解させるために、二人でのぼり坂を何度も歩き、体で教える姿は、親として見習うべき姿でした。
    この夏、我が家の子どもたちは、それぞれ読書感想文を書きました。
    小学校最後の作品を、息子は翔子さんの本に出ていた「飛翔」の「翔」という字を選び、1日がかりで仕上げましたが、納得できなかったようです。「翔子さんは、あんなに力強い字を書けるなんてすごいな。僕も翔子さんに負けないように練習するね」と言っていました。
    中2の娘も「壁を越えるために」という題名で読書感想文を書きました。「翔子さんの純粋な心が作品に現れるからみんな感動するんだね」と書き終えて言っていました。
    是非、多くの人に読んでもらいたい一冊です。

    掲載日:2013/10/08

    参考になりました
    感謝
    1
  • ダウン症と聞くと、障害者の中では理解のできないでいた世界。
    その家族の大変さは思いやるけれど、どこか遠い世界に感じていました。
    そして、ダウン症を持って生まれた子どもたちは、どうしても差別対象になってしまうだろうと、それも遠い世界のようにして思っていました。

    この本はそんな自分の認識に対して、とても衝撃的でした。
    ダウン症をもって生まれた金澤翔子さんが、筆を持つと人を感動させるすばらしい書道家になったのです。
    般若心経を始め、本の中に描かれている書は心打つものばかりです。

    そして、この本はその大書道家が育ってきた道を切々と描いています。
    少し知恵おくれの翔子さん。
    なかなか社会に受け入れてもらえなかった翔子さん。
    その翔子さんを受け入れてくれた保育園での生活が、翔子さんの道を築きました。
    親にして思えば、守りたい存在が、自分で育っていく、自分で理解するのを待ちましょうと、園長先生は自立することを待ちました。

    その中で、翔子さんは思いやりや、人とのコミュニケーション力を鍛えていったのです。
    欲のないその姿は、筆でストレートに自分の思いを表現するまでになりました。

    昨年の大震災の後、被災地を訪れては書展を開いたり、人々を励まそうと乗り出した翔子さん。
    これでは逆ではないですか。
    人々にたいして強い影響力をもつまでになった翔子さん。

    素晴らしいノンフィクションです。

    掲載日:2012/06/24

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ / 給食番長 / パンダ銭湯

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


柚木沙弥郎さんのあかるい「雨ニモマケズ」

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット