たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ
 出版社: サンリオ サンリオの特集ページがあります!
メモ&付箋96枚いり!おてがみがもっとたのしくなる折りてがみアイデアがいっぱい♪

太陽のくに」 みんなの声

太陽のくに 作・絵:エヴァ・アスムセン
訳:枇谷 玲子
出版社:金の星社 金の星社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2010年12月
ISBN:9784323072081
評価スコア 4
評価ランキング 22,256
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ラスムスの生まれた国はどこだったのだろう

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子16歳、女の子11歳

    タイトルと表紙の絵が気になって、図書館で借りてきました。
    作者はデンマークの作家で、もともとは大学教授です。犯罪防止委員会の委員長を務め、メディア社会の問題・子どもの権利なども訴えている人だそうです。

    さて、このお話は、デンマークのある普通の家庭に養子としてもらわれてきた「ラムラス」という男の子に起こった物語です。
    話の内容から、デンマークなどの北欧では、こうした貧しい地域(国)から子供を養子にもらう家庭がごく普通にあるようです。
    ただ、そのもらわれてきた子どもたちが社会的に幸せかというと、考えてしまいます。
    ラムラスの学校生活を見る限り、多かれ少なかれ差別は受けているようです。でも、ラムラスの家族はとても彼の子と愛していて、大事にしてくれています。そこが読んでいて、とてもよかった。根底にある愛情が信じられるのは素敵なことだと思いました。

    家族みんなで訪れたというラスラスの生まれた国は、一体どこだったのでしょうか?
    はっきり「どこ」とは書いてありませんでした。ただ、貧富の差が激しく、地元の物乞いや犯罪から守るため、外国からの観光者のホテルは鉄格子で囲まれているとい描写がありました。
    そして、こういう地域から養子に出す人たちはお金が必要で、子どもの欲しい夫婦に、仲買人を通して払い養子に出すというのです。
    少し前にどうしても子供ができない夫婦が、東南アジアかどこかの国の仲買を通して、養子をもらうという特集をテレビで見たことがありす。
    その特番の時も、手続きだけでもいろいろ大変そうだなと、思ってみていました。

    社会的にはまだまだいろいろ問題もあると思いますが、ラムラスのような子どもたちがその土地その土地で幸せに暮らせるといいな〜と、改めて思いました。

    この物語は、そういったお国事情をつきつめた話ではなく、
    むしろ、たまたま生まれ故郷というところに来ることができたラムラスが体験した成長物語です。
    ここで出会ったたくさんの人、出来事が、ラムラスを大きく変えていく素敵な物語でした。
    小学校高学年くらいから中・高生くらいのお子さんたちにお薦めします。興味のある方は是非、読んでみてください。
    そして、日本という国で生まれ、多少不満があったとしても、家や家族があり、自分の自由になるおこずかいもある自分たちの生活を振り返ってみてください。

    掲載日:2011/12/06

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


『はやくちこぶた』早川純子さんインタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット