すうじかるた 100かいだてのいえ すうじかるた 100かいだてのいえ
作: いわい としお  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
かるた以外の遊び方もたくさん! 絵本から生まれたあたらしいかるた

鹿踊りのはじまり」 みんなの声

鹿踊りのはじまり 作:宮沢 賢治
絵:たかしたかこ
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\1,600+税
発行日:1994年02月
ISBN:9784039636300
評価スコア 4
評価ランキング 20,358
みんなの声 総数 2
「鹿踊りのはじまり」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 鹿の跳ねる様子

    岩手県花巻の鹿踊りを、ずっと以前にですが、見たことがあります。
    力強くてダイナミックな踊りだという印象です。

    今回、その鹿踊りの始まりのお話だということで、楽しみにして読み始めました。
    野生の鹿が跳ねる様子から、始まったのですね。

    表紙の裏では、鹿踊りのシルエットも見れます。
    本当に、この通りなんですよ。

    掲載日:2013/03/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 『鹿踊り』が見てみたくなりました。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子16歳、女の子11歳

    宮沢賢治の童話です。が、読んでいて“安房直子”さんの作品のイメージとダブりました。
    今も岩手県・花巻周辺に伝わる郷土芸能『鹿踊り』そのルーツをかぜから聞きました。
    なんて書き始める賢治は、すごくメルヘンな人だったんですね〜。と改めて感じました。
    でも、出だしはお堅いイメージで始まっているので、あまり年齢が低いととっつきにくいかもしれません。
    そしてこの『鹿踊り』なるものが、実際どう踊られているのか知っている人の方が、数段楽しめると思いました。
    私は残念ながら『鹿踊り』を知りませんでした。この絵本を読んで、とても見てみたくなりました。

    偕成社さんの日本の童話名作選シリーズという賢治の作品を多数絵本にしているこのシリーズは、どれもなかなか素敵な仕上がりになっています。
    今まで、活字でしか読んだことのない珍しい作品がいくつも刊行されています。
    この『鹿踊り』はたかしたかこさんという方が絵を描かれています。
    岩手の山(森)の風景や、はたから見るとコミカルに踊る鹿たちの姿を、すごく明るく楽しく描いてくれていました。
    特に最初に嘉十(かじゅう)が忘れていった手拭いを調べていた鹿が、何かに驚いて飛び上がっている姿は、面白かったです。
    小学校の高学年から中学・高校生または大人たちにお薦めです。できたら、黙読するひとり読みより、グループでも、大人が読むのでもいいので、声に出して読んだ方が賢治のお話は数倍楽しくなります。

    掲載日:2011/12/07

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!
  • ゆきのひ
    ゆきのひの試し読みができます!
    ゆきのひ
    作:くすのき しげのり 絵:いもと ようこ 出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
    くすのきしげのりさんと、いもとようこさんが贈る、寒い冬に心がああたまる、優しいお話。


「現実の大図鑑」シリーズ 編集者 小島卓さん

みんなの声(2人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット