あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
レイラさん 50代・ママ

嫉妬
『あくたれラルフ』のねこ、ラルフのクリ…

ボードブック はらぺこあおむし」 みんなの声

ボードブック はらぺこあおむし 作・絵:エリック・カール
訳:もり ひさし
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\900+税
発行日:1997年10月
ISBN:9784032371109
評価スコア 4.79
評価ランキング 361
みんなの声 総数 212
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

212件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
  • 赤ちゃんにはボードブックおすすめ!

    4ヶ月くらいの頃、図書館で通常の紙の方を借りてきて読み聞かせたことがありました。こちらが驚いてしまう程じ〜っと絵を見て気に入った様子。さすがロングセラー絵本。

    家にも置きたいと思い、通常の絵本と迷ったのですがボードブックを購入。結果、こっちにして大正解!
    自分でページをめくりたがるのですが、折れ曲がらないボードブックならくしゃくしゃにされる心配もありません。

    そして、あおむしがフルーツを食べるページ。絵本に空いた穴に小さな指をすぽっ!ページをめくって今度は両手の指ですぽっ!赤ちゃんの小さな指が、小さな絵本に描かれたフルーツの穴にぴったり収まる姿はなんとも可愛らしくて…。そう言えば、図書館で借りた絵本も穴のフチが広がるように破れていたっけ。きっと息子と同じ事をした子が何人もいたんだろうな〜と思うと、何だか笑いがこみ上げてきました。破れないボードブックにして良かった。

    初めて息子が「遊んだ」しかけ絵本です。
    お気に入りなので、お出かけにもよく持って行きます。これもバッグにいれやすいサイズならではですよね!

    掲載日:2014/02/17

    参考になりました
    感謝
    1
  • 大きさより耐久性重視

    同タイトルの大きい版の方が絵に迫力があって良いのですが、こちらの厚紙版の方が丈夫で、小さな赤ちゃんには絶対お勧めです!1歳位の幼児なら自分でめくれるサイズだし、ロング・ベストセラーになっているだけに物語も絵も素晴らしいです。青虫が美しいチョウチョに変身するのは、大人でも不思議な現象。赤ちゃんには、それがどう映っているのかなぁ、と考えたりします。何度も読みたい本で、とにかく耐久性があった方が良い。私なら買うのは、大きい原版ではなく、こちらです。

    掲載日:2011/01/12

    参考になりました
    感謝
    1
  • 赤ちゃんのときから

    赤ちゃんの頃から、この絵本のうたとともに、
    歌いながら読み聴かせ、こどもといっしょに、
    何度も読み込んだ絵本で、ママにとっても、
    この本なくしては、絵本時代を語れないほど
    想い出深い一冊です。

    小さなあおむしが、成長して、やがて、きれいな
    蝶になるシーンは、何度見ても親子の心に響きます。

    特にミニサイズ版は、持ち歩くのにぴったりで、
    いつでもどこでも絵本を読んであげることができて
    一ページずつ丈夫な厚紙でできているので、
    絵本までもお口に入れてしまう赤ちゃんの時期から
    長く愛用できます。

    赤ちゃんが生まれたら、最初に買ってあげたい絵本です。

    掲載日:2010/02/21

    参考になりました
    感謝
    1
  • 絵が素敵!!

     妊娠中に購入し、誕生を一緒に待ちわびていた、思い出の絵本です。
     0歳の時から見せてあげたかったのと、持ち運びができるようにと、丈夫で小さいボードブックにしました。
     娘も大好きで、穴に指を入れたり、数を数える練習をしたり、ちょうちょをパタパタして遊んだり・・・、1冊でこんなに多様な遊び方ができる絵本は、ほんとに貴重だと思います。
     そして、何よりも絵が素敵。
     ママがエリックカールが好きで、何冊かあるのですが、特にこの絵本の色づかいは、何度見ても飽きることなく、いつまでも新鮮で、すばらしいと思います。額に入れて、玄関に飾っておきたい!!

    掲載日:2006/05/12

    参考になりました
    感謝
    1
  • 我が家のNo.1!

    • みっとーさん
    • 30代
    • ママ
    • 滋賀県
    • 男の子5歳、女の子3歳

    何度読んだだろう。と思うくらい、とにかく我が家でNo.1の絵本でした。
    はらぺこのあおむしがたくさんの食べ物を食べ、最後はちょうちょになるという有名なお話ですが、出てくる食べ物がどれもおいしそう。ふとっちょになっていくあおむしもかわいい。
    「ちょうちょになりました。」で、本をぱたぱたしてとばしてあげると、大喜びでした。
    0歳から読み始め、ずっとお気に入り絵本だったのですが、さらに保育園に行きだしてからは、この絵本をメロディーに合わせて歌うということをするみたいで、さらに大好きに!
    毎日の絵本タイムで、兄弟が読んでもらっているあいだに、自分で歌いながら読んでいました。

    掲載日:2016/09/16

    参考になりました
    感謝
    0
  • 絵の魅力が…。

     絵本の中で最も有名な一冊!エリック・カールの絵の魅力に思わず引き込まれてしまいます。
     
    この絵本にはCDがあり、そのリズムに合わせて読むと更におもしろい!不思議なことに一度聴いたらなかなか忘れられない一曲だと思います。1〜2才ぐらいが一番楽しめる時期だと思います。

    まさに芸術作品です。

    掲載日:2016/08/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 1番大好きな絵本。

    • よるさん
    • 30代
    • ママ
    • 北海道
    • 女の子4歳

    ベストセラーの絵本ですが、私含め初めて読んだのは娘が3才になってからでした。
    美味しいものをたくさん食べ過ぎて、おなかがいたくなって泣いちゃうところで娘は「あー、いたいいたい〜」と、いつもあおむしの気持ちを代弁しています。

    通常サイズのものと迷いましたが、食べ物に虫食いの痕として穴があいている仕掛け絵本ですのでうちの娘同様、指を突っ込みたがるお子様にはボードブックの方がおススメです。
    だけどもっとオススメはCD付き。
    「はらぺこあおむし」の歌が大好きすぎて、CD付きを購入しなかったのを後悔しています。

    余談ですが、泣いちゃったあおむしのグッズも作って欲しいですね。
    本当に可愛い泣き顔なんですよ。
    ラストできれいなちょうちょになったのが惜しいくらい(笑)

    掲載日:2016/08/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 小さい本を買いました

    絵本が好きになってきた息子のために、
    親が読んでもらいたい!と思い購入しました。
    サイズが小さいものを選んだのは、耐久性と持ち運ぶことを考えたからです。もちろん値段も考慮しました。

    大きい本は友人宅で見た事があるのですが、
    1歳のお子様がいるため、絵本はブリブリ。テープで補修されていました。
    大きいお子様のために購入するには大きいものは迫力があり、綺麗でいいかもしれませんね。

    内容は、残念ながら1歳の息子の興味をそそることはありませんでした。
    3歳になり、再度読んであげたら・・・面白いほどに喜びました。
    数、曜日の勉強にもなります。

    そう考えたら耐久性は気にしなくて、3歳になってから購入すれば良かったと思います。

    掲載日:2016/02/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 思ったより小さいけど

    保育園で特大サイズの「はらぺこあおむし」を読んでもらう度に、最前列を陣取って読み聞かせを楽しんでいると先生から聞いて、そんなに好きなら家でも読めるように買ってあげようかな?と思い購入。

    世界的な名作で、タイトルは知っていたものの、子供が生まれてからも中々手が出なかったのは私が虫嫌い≠セから。しかし、子供にせがまれて何度も読むうちに青虫がかわいく見えてきたような…。

    特大版を見てからのボードブックに最初こそ物足りなさを感じましたが、逆に小さい子供が一人で取り扱うにはちょうど良いサイズのようで、結果オーライでした。

    掲載日:2015/11/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 子供を弾き付ける何かがある

    保育園で はらぺこあおむしの歌を歌ったようで
    本屋に行った際この絵本を欲しがりました。
    最初は読み聞かせをしていましたが、一緒に歌ったりするうちに
    歌詞を暗記してしまいました。
    本の文字と歌の歌詞、殆ど同じなので、
    今はママがページをめくり、息子が読んで(歌って)います。
    とにかく、頑丈で丈夫!
    毎晩毎晩、読み続けているにも関わらず
    多少のヨレはありますが、破けません。
    「土曜日あおむしの食べたものはなんでしょう」に続いて
    出てくる食べ物が、ピクルスやさくらんぼパイと外国らしく、
    楽しいようです。
    この本を通じて曜日を覚えることもできましたし、
    お気に入りの本の中の一冊です。

    掲載日:2015/11/12

    参考になりました
    感謝
    0

212件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / わにわにのおふろ / だるまさんが / おふとんかけたら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

みんなの声(212人)

絵本の評価(4.79)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット