もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

わたしはプリンセス」 みんなの声

わたしはプリンセス 作:パトリシア・ベレビー
絵:クラウディア・ビーリンスキー
訳:那須田 淳
出版社:ひくまの出版
本体価格:\1,200+税
発行日:2004年02月
ISBN:9784893172716
評価スコア 3.67
評価ランキング 30,059
みんなの声 総数 2
「わたしはプリンセス」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • プリンセス

    子豚のローラは、プリンセスに憧れる女の子です。

    家族と一緒に、「御姫様ごっこ」をして遊びます。

    小さな弟を家来にして遊ぶのですが、なかなか弟が赤ちゃんの為に泣い

    てしまって上手くいかないみたいです。

    こぐまさんもやってきて、竜を退治してくれたので白馬に乗ってお城に

    行って結婚式までとなかなかやり手のローラちゃんです。

    家族を巻き込んでのごっこ遊びに家族も楽しめるけれど大変そうです。

    孫がプリンセスに憧れる日もくるのかなあって思うと嬉しくなります。

    掲載日:2011/03/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • プリンセスにあこがれる女の子

    「たのしいごっこ遊び絵本」シリーズ。
    お姫様って、女の子はあこがれますね。
    「ローラ」もそう。ドレスを着て、お城に住んで、何でも好きなことができて、お風呂はアワアワ。そしていつかはステキなプリンスと結婚。
    現実はアワアワのお風呂にも入れないし、かわいくもないパジャマを着なくちゃならない。それでも、「ローラ」はいつだって「プリンセス」なのです。
    同じシリーズのほかの本に比べ、実際の「プリンセス」の苦労が感じられなかったので、☆3つにしました。

    掲載日:2005/09/13

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

こんとあき / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / くれよんのくろくん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ドイツで大人気!バニーが日本上陸

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット