雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
かずっこ☆さん 30代・ママ

心打たれる
宮沢賢治の心がまっすぐ表現されているこ…

泣いた赤鬼」 みんなの声

泣いた赤鬼 作:浜田 廣介
絵:浦沢 直樹
出版社:小学館 小学館の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2011年12月
ISBN:9784091791276
評価スコア 4.13
評価ランキング 17,480
みんなの声 総数 7
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 細かな描写

    漫画家の浦沢直樹さんの絵本とは
    ファンにはたまらないのではないでしょうか。
    赤鬼も青鬼もとても味のあるキャラクターで情の深さがとてもよく描かれているなあと思いました。
    今まで自分の知っている絵本の『ないた赤おに』に比べて
    細かな内容の描写がいろいろあって へ〜〜と感心した部分もあれば
    うーん、この場面必要かな?っていう場面もあり^^;
    楽しかったです。
    なんと言ってもラストの数ページ、感動しました。
    青鬼の手紙を見た後の赤おにの見開き2ページの表情のアップがとても良かったです。
    文章は何も要りません。
    魅せますねぇ、浦沢さん。
    9歳の娘は泣いてましたよ。

    掲載日:2012/07/22

    参考になりました
    感謝
    1
  • 泣いた赤鬼は何冊も絵本が出ています。
    でも、かわいすぎたり、私が個人的に好きになれなかったり…
    原作に忠実で、心に残る絵で表現している絵本をずぅ〜っと探していました。
    やっとめぐり合えました(^^)
    浦沢直樹さんの絵は表情が豊で、10歳の息子にもぴったりです(^^)

    掲載日:2011/12/09

    参考になりました
    感謝
    1
  • 見た事ある絵だな・・・

    見た事ある絵だな・・・と思い思わず手にとりました。
    すると浦沢さんだったのですね!

    言わずと知れた名作「泣いた赤おに」に浦沢さんの絵のタッチがどう入り込んでくるのか、絵本らしくなくなるのではないか、と思いましたが、
    そんなことはありませんでした。

    うまいです。大変うまいです。

    どちらかといえば大人向けなのかもしれませんね。
    私は非常に楽しめました。

    掲載日:2016/02/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 大人が読みたい!

    浜田廣介さんが書かれた有名なお話「ないたあかおに」。
    たくさんのイラストで世に出ていますが,何とこちらは漫画家の浦沢直樹さんによるイラストなんです!
    子供のための絵本云々ではなく,純粋に親の私が目にしたい「ないたあかおに」でした!
    大人が2冊目として興味を惹かれる「ないたあかおに」ですね☆

    掲載日:2016/01/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • 今風の赤鬼

     節分が近くなると読みたくなる絵本です。このお話は、たくさんの画家さんが描かれているので、読み比べが楽しいです。
     この絵本の、今風な赤鬼がおもしろかったです。赤鬼や青鬼の表情がいいなと思いました。

     人間とともだちになりたい赤鬼の気持ちがせつないです。それ以上に、すべてをのみこんで自分が悪者になる青鬼もせつない。
     ストーリーはわかっていても、読むたびにしみじみします。

    掲載日:2014/01/31

    参考になりました
    感謝
    0
  • 「泣いた赤鬼」の絵本は何種類かあるみたいだけれど
    この本の表紙の絵がチャーミングで明快で
    気に入ったのでこの本を買った。

    読んでみると、3歳児に読み聞かせするには
    ページ数や文字数が多くいささか冗長だったので、
    文字数を10分の1くらいにはしょって読み聞かせています。

    最後のシーンでは私が赤鬼くんの気持ちになり
    泣きながら読んだので3歳の子供ももらい泣き(?)していました。

    掲載日:2013/04/08

    参考になりました
    感謝
    0
  • 浜田廣介の代表作といえば『泣いたあかおに』なのです。
    子どもたちの誰もが知っているこのお話も、いろいろな人が描いていて、それぞれに赤鬼さんの表情が違い、性格だとか人間性だとか、赤鬼さんに対する思いも微妙に差異が生じてしまいます。
    でも、昔話としてとらえていた私にとって、平成の赤鬼さんは内向的でありながら、結構アクティブです。
    人間たちと仲良くした赤鬼さん。
    昔乍らのひなびた家ではなく、随分と今風な家具をそろえ、人間を招き入れるための必死さが加わりました。
    自分には梶山俊夫の描く素朴な赤鬼のイメージがしみ込んでいるので、浦沢直樹さんの描く赤鬼には違和感を覚えました。
    でも、リメイクされていても、お話は同じなのですよね。
    今の子どもたちには、親しみをもてるのでしょうか。

    掲載日:2012/11/26

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



たたかえ!じんるいのために!

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.13)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット