ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
morimoriさん 30代・ママ

クリスマスにぴったり^^
小さなねずみのねみちゃんがみんなのため…

たいようまでのぼったコンドル」 みんなの声

たいようまでのぼったコンドル 作:乾 千恵
絵:秋野 亥左牟
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\390+税
発行日:2010年12月
評価スコア 4
評価ランキング 20,273
みんなの声 総数 2
「たいようまでのぼったコンドル」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • アンデスのお話

    人間の娘に心を惹かれたコンドルが、人に姿を変えて現れます。
    二人は両思いになりますが、正体がばれて引き離されます。
    さみしさから病気になった娘のために、コンドルは太陽へ「いのちの はな」を取りに行きます。

    コンドルと人間ですが、二人の間にある強い愛の物語だと思います。
    アンデスの民族衣装や自然が、美しい絵で描かれていました。
    特に太陽は神々しく、太陽を「神」とあがめるアンデスの人々の気持ちがわかりました。

    南米が題材となった絵本は珍しいので、子供にとってもアンデスの世界を知る貴重な機会になったと思います。

    掲載日:2011/12/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 福音館

    南米アンデス山脈の むかし むかしのお話です。
    大空を悠々と駆けめぐるコンドル「神の鳥」として人々に大切にされているのですね

    コンドルがチャスカという娘に恋心を抱きます。
    彼女が歌う歌に「まるで わたしを よんでいるようだ いつか あのこのそばに いって はなしをしたいものだ」
    人間の若者の姿になるのです
     
     二人の恋が芽生えるのですが お父さんは若者は コンドルだといい二人を切り離すのです
    チャスカは重い病気になるのです
    助けるためには 「太陽の神様 インティのもつ いのちの はなをもらってくることだ」とおじいさんが言うのです

    コンドルは心配のあまり若者に姿を変えて現れ 自分が行くというのです
    険しい嵐や太陽の番人の白いタカと戦い傷だらけになっても チャスカのために 太陽の神様からいのちの はなをもらうのです
    この話は感動的です!!

    コンドルの命がけの姿は  愛するチャスカの病を救うのです
    みごとな 秋野さんの絵にも感動しました(迫力  美しい色使いは見事です!)

    悲しいことに 秋野亥左牟さんは 2011年11月23日に亡くなられました・・・・・
    このお話は 子供たちに読んであげたいと思います。

    大人の方も是非読んでみてください。

    掲載日:2011/12/09

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。


世界21カ国で大ヒットの絵探し本、第4弾

みんなの声(2人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット