雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
アダムのママさん 40代・その他の方

この詩、大好きです
宮澤賢治の作品は、必ずしも好きなものば…

さわる絵本 これ、なあに?<新装版>」 みんなの声

さわる絵本  これ、なあに?<新装版> 作:バージニア・A・イエンセン ドーカス・W・ハラー
絵:バージニア・A・イエンセン ドーカス・W・ハラー
訳:きくしまいくえ
出版社:偕成社 偕成社の特集ページがあります!
本体価格:\2,800+税
発行日:2007年10月
ISBN:9784032261103
評価スコア 4.5
評価ランキング 5,877
みんなの声 総数 5
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 触る絵本

    表紙の”さわる絵本”という文字に魅せられたのでこの絵本を選びました。触ると盛り上がっている部分の質感がぶつぶつしていたり、トゲトゲしていたり感覚を養えるようになっている所が良いと思いました。絵本を触るのがこんなに楽しいのか!と目から鱗が落ちる絵本です。最後に新聞の切抜きが掲載されている配慮も素敵だと思いました。

    掲載日:2009/04/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 共通の本の思い出が増えたらいいな

    息子が、さわる絵本ということで興味を示しました。

    さわると、ざらざらとした質感があって、おもしろかったです。

    目が悪いお子さんも一緒に楽しめるのがいいですね。

    こういう本がふえて目の悪い子もそうでない子も共通の本の思い出が増えたらいいなと思いました。

    息子が気になっていたのは「この本どうやって作ったんだろうね」ということでした。特殊な加工が施してあるということは想像ができるのですが、どうやってつけたのでしょう?

    掲載日:2008/11/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 触って楽しい絵本です

    この絵本には、『ザラザラくん』『バラバラくん』『ポツポツちゃん』『シマシマくん』『ツルツルくん』がでてきます。
    手で触って、ザラザラ・バラバラ・ポツポツ・シマシマ・ツルツルを感じることができる絵本です。
    まっすぐな道・くねくねの道、ザラザラくのおうち・バラバラくんのおうち、ひろばも手で触って分かります。
    あやちゃんも触って楽しんでいます。
    目の不自由な子どもでも、絵本を読んでもらって、手で絵本を触って楽しめる絵本です。
    私が読んだ絵本は新装版ではなかったのですが、表紙のタイトルの下には、点字が書かれています。
    多分、点字でタイトルが書かれているのだと思うのですが、ページをめくると各右ページの右上にも点字が書かれています。
    これが何て書いてあるのか、よく分からないのですが、あやちゃんにも「これ、なあに?」と言われて、「何だろうね。」とごまかしたのですが、何と書いてあるのでしょうか?

    掲載日:2008/03/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 新感覚です

    • けいご!さん
    • 30代
    • ママ
    • 福岡県
    • 女の子8歳、男の子4歳

    さわる絵本とあります。ふつうの文字と点字のタイトルに始まり、手でさわるとざらざらしたりばらばらだったりするいろんな感触が楽しめる絵がそえてあります。

    文を読みながら絵をさわるもよし、目を閉じて、だれかに読んでもらいながら、絵の感触を確かめるのもよしです。いろいろな方法で読み進めることができるので、ぜひ、みなさんにも体験してもらいたいです。

    この本を通して、手の感触というものをじっくり味わうことができました。ひごろ、あまり意識せずに触っているなあと感じましたし、皮膚の感覚というものを呼び起こすことができたのではないかとも思いました。

    掲載日:2008/01/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • ザラザラ

    • モリヘイさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 男の子3歳、男の子0歳

    目の見えない子のために ざらざらやつるつる パラパラと 色々な感触の加工がしてあります。
    しかし感触を楽しむのは視聴覚に障害のある人だけではありません。一歳過ぎの子なら感触を楽しむことは出来るのです。子供は感覚にうったえるもの好きですよねー。
     ストーリーは、わかってもらえませんでしたが、しばらく子供のマイブームになりました。3歳になった今自分でストーリーを作り私に話しをしてくれます。そろそろ下の子にも与えてみようかと思います。

    掲載日:2002/05/19

    参考になりました
    感謝
    0

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり / くだもの / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『大きなクスノキ』 みそのたかしさん さとうそのこさん インタビュー

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット