ハッピーイースター ハッピーイースター ハッピーイースターの試し読みができます!
作・絵: ヨシエ  出版社: くもん出版
イースターってなあに? たまご探しと楽しいパーティー!?

メイはなんにもこわくない」 みんなの声

メイはなんにもこわくない 作:きむら ゆういち
絵:あべ 弘士
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2011年11月
ISBN:9784062785068
評価スコア 4.5
評価ランキング 5,802
みんなの声 総数 7
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • オオカミさん、なんてお気の毒

    あらしの夜、ガブと出会って、不思議な運命をたどるメイが子どもの頃のお話です。
    メイは元気で明るい子ヤギです。おかあさんを亡くしたメイは、おばあちゃんに育てられました。いつも危ない思いをするメイの様子を心配しているおばあちゃんですが、メイは、どんな時でも、絶妙なタイミングで難を逃れるのです。
    この頃のメイの様子から、ガブとのやり取りがつながってくるお話です。それにしても、なんて運の強いメイなんでしょう。逆に、おおかみさんが気の毒に思えてくるほどでした。
    ハラハラドキドキの『あらしの夜に』シリーズとは対称的なお話で、明るい気持ちで読むことができました。

    掲載日:2012/05/11

    参考になりました
    感謝
    1
  • 怖い物知らずのメイですね

    ヤギのメイが小さかった頃のおはなしです
    やっぱり メイはとくべつ運が良かったんですね
    お母さんが死んでおばあちゃんに育ててもらうのです  危ないときも なんと運良く乗り越えて  
    オオカミたちは メイとミイが二人で森の中をさまよっているのを見て襲いかかるのですが・・・・
    うんのいいメイ達は  大勢のおおかみたちが後ろをつけてくるのも知らずに、ミイをおんぶして 一本橋をわたっているのです 
    ハラハラドキドキです
    しかし 運が良いんです    やっぱり
    この 怖いもの知らずのメイは なんと 運が良いこと

    みんなのところに帰ってきたのです
    みんなの心配していること   そんな心配もよそに 笑顔のメイとミイののんきさに みんなは 楽しい気持ちになれるんですね

    こどもの特権かな〜

    掲載日:2016/10/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 強運なメイ

    「あらしのよるに」の本編のほうのシリーズはまだ読んだことがないので、シリーズ始めての絵本となりました。
    どうやら、「あらしのよるに」の主人公のヤギのメイの幼い頃を描いたお話なんですね。
    でも、本編を知らなくても十分に楽しむことができました。

    ヤギのメイちゃんはとっても元気でのんきもの。
    しかも怖いもの知らずだから、平気でむれから離れてあっちこっち行ってしまいます。
    見ているほうはハラハラだけど、本人はいたってマイペース。
    沢山の窮地に陥るけど、すべて偶然で乗り越えてしまうという、すごい強運の持ち主。

    でもその元気の裏にはお母さんの死があって・・・。
    メイの心の強さあってこその、強運なのかもしれませんね。

    この絵本を読んで、本編も是非読んでみたくなりました。
    意外に本編を読む前に、メイの事を知れて良かったかもしれません。

    掲載日:2012/07/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • あの「あらしのよるに」の番外編。
    オオカミのガブとヤギのメイの、命を超えた愛情の崇高さに感動した、あの名作シリーズの、「何故?」に応えてくれるスペシャル版です。
    ヤギのメイが、どうしてオオカミのガブを信頼しきれたのかよく分かりました。
    子ども時代のメイは、まるで世間知らずのお嬢様。
    見ている自分をハラハラドキドキさせることばかり、いつも間一髪で危険を回避していたのです。
    そして、メイは自分がいかに危険と隣り合わせであるかを全く気付いていません。
    良くもあり、悪くもあり。
    それが、メイがガブに対して、心から信頼してぶつかっていけた理由でした。
    その純真無垢が、「あらしのよるに」シリーズをとても崇高なものにしています。
    でも…、メイが出会えたのがガブで良かったと思います。

    掲載日:2012/07/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • おばあちゃん

    母親を亡くしたメイをなんとかして守ろうと必死だったおばあちゃんの

    気持ちが伝わってきました。メイもおばあちゃんに自分は大丈夫だよっ

    ておばあちゃんの愛情に答えて明るく振舞っていたように感じました。

    運が良いのは、メイを心配する母親の気持ちが通じてる気がするのは、

    私の自己満足だと思うのですが、幼少期のメイを知る事が出来てよかっ

    たです。

    掲載日:2012/05/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 元気でのんきなメイ

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子18歳、男の子16歳

    『あらしのよるに』シリーズのスペシャル版。
    オオカミのガブの幼少編が『ひとりぼっちのガブ』であるのに対し、
    今作はヤギのメイの幼少編。
    ガブがやや屈折した生い立ちなのに対し、メイは「元気でのんきな」と
    形容されるほど。
    エピソードには、『あらしのよるに』ならではのスリリングな展開も満載です。
    ただ、そのきっかけが、幼い頃は母を亡くし、
    「かわいそう」と言われぬよう、わざと元気に振舞っていた、というのが
    切ないです。
    でも、それを乗り越えたメイだからこそ、強運を呼び寄せたのではないでしょうか。
    ガブがメイに心を許した訳が少しわかりました。

    掲載日:2012/02/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • メイの子供時代

    「あらしのよるに」シリーズ、主人公の一人であるメイの子供時代のお話です。
    幼くして、母親を亡くすという過去があったんですね。
    いつも明るく前向きなので、悲しい過去に驚きました。
    だからこそ、明るく振舞っているメイの姿にいじらしさを感じたり。
    それにしても、メイの強運には驚きます。
    初めはハラハラしていたのですが、だんだん「メイなら大丈夫でしょ」と思えるのですから不思議です。

    掲載日:2012/02/24

    参考になりました
    感謝
    0

7件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • はりきりみかん
    はりきりみかんの試し読みができます!
    はりきりみかん
    作・絵:じゃんぼ かめ 出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    いつも元気なはりきり子どもみかん、こたつの中でたいへんなことに・・・!
  • いちねんせいのいちにち
    いちねんせいのいちにちの試し読みができます!
    いちねんせいのいちにち
    作:おか しゅうぞう 絵:ふじた ひおこ 出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
    小学校ってどんなところ? 一年生って何するの? 新入学の親子を応援するガイド絵本。


コップのフチ子原案!これまでにない絵本ができました

みんなの声(7人)

絵本の評価(4.5)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット