ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

みんながねみちゃんに贈ったツリー
ちいさいのから、大きいものまで、クリス…

とおい国からきたタシ タシのぼうけんシリーズ 1」 みんなの声

とおい国からきたタシ タシのぼうけんシリーズ 1 作:アナ/キム・ファインバーグ
絵:キム・ギャンブル
訳:加藤 伸美
出版社:朝日学生新聞社
本体価格:\0+税
発行日:2011年10月
ISBN:9784904826324
評価スコア 4
評価ランキング 20,278
みんなの声 総数 2
「とおい国からきたタシ タシのぼうけんシリーズ 1」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • よみやすい児童書

    『エルマーのぼうけん』で児童書デビューした息子。

    他にも冒険の本がもっと読みたい〜と言い出し、
    図書館の人に教えてもらったこのシリーズをまず
    1冊借りました。

    タシは貧乏だから飛行機に乗れず、
    白鳥に運んでもらってジャックの国に着きました。

    タシは小人なんですが、
    すごい勇敢な子です!

    ドラゴンをどうやって倒したのか
    ワクワクしながら読み進めていけました。

    絵が多いので
    文章が理解しやすく、児童書デビューにオススメです。

    まだこのシリーズがたくさんあるみたいなので、
    ぜひ続けて読みたいです。

    掲載日:2015/03/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • タシは「小さい」のかな?

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子16歳、女の子11歳

    表紙の絵を見る限りでは「ニルスの不思議な旅」と似ているな。というイメージでした。
    この自動車は手のひらサイズの小さな本で、ページ数の少なく挿絵もたくさん入っています。
    児童書の作りになってはいますが、どちらかというと絵童話(絵の比率が大きい)本だと思います。
    「タシ」というのは、アンが子どもの頃、バーバラ(母)が作り出した物語で、今は二人でお話の世界を広げたものだそうです。

    タシは白鳥に乗って、主人公のジャックの家の近くへやってきました。
    と、いうことは、たしは「小人」かもしくはかなり小柄な体系の種族なのかな〜と、想像していたのですが、
    挿絵を見るとジャックの投信とほとんど同じなんですよ〜。
    あまり深く考えないで、挿絵を描かれているのか、または、タシはジャックとかわらない程の背丈はあるものの、ものすご〜く軽い設定なのかもしれません。
    シリーズ第1作目、どうやってタシがジャックの家にきたかというお話と、昔タシがドラゴンをやっつけた話が入っています。
    気楽にサラッと読めます。タシ自体の性格がお気楽なので、余計気楽に読めます。
    ファンタジー(特に妖精もの)が好きなお子さんやちょっとした冒険ものが好きなお子さんにお薦めします。

    掲載日:2011/12/12

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / ぐりとぐらのえんそく

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



たたかえ!じんるいのために!

みんなの声(2人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット