なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
おはなばたけちゃん。さん 40代・ママ

すこしハラハラしながら・・
4歳になって再び読んでみました。 以…

エマおばあさんとモミの木 アルザスのファンタジー」 みんなの声

エマおばあさんとモミの木 アルザスのファンタジー 作:こやま峰子
絵:花房 葉子
出版社:平凡社
本体価格:\1,500+税
発行日:2005年11月
ISBN:9784582832945
評価スコア 4
評価ランキング 22,256
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  •  クリスマス・ツリーの習慣は1509年に、フランスの東部、ドイツと国境を接するアルザスのセレスタで始まったそうです。
     アルザス地方は、歴史の波に翻弄されたところで、1509年頃は、ドイツ神聖ローマ帝国の支配下時代であったと思います。
     その後、戦争の度にフランスの支配下へ、またドイツへと行ったり来たり忙しく、現在はフランスの領土となっています。
     しかし、アルザスの住民の大部分はドイツ系のアルザス人で、人口130万人の住民がドイツ語に近い方言であるアルザス語を言語としており、アルザスはドイツ文化において重要な役割を果たしてきたところです。

     この作品は、豊かな自然環境に恵まれたアルザスの春からクリスマスまでの様子を、信仰あつく愛に溢れるエマおばあさんを主人公に、神様が愛の奇跡をお示しくださるファンタジックなお話です。
     慎ましやかなエマおばあさんの日常からアルザスの魅力が伝わってきます。
     そして、少しずつ近づくクリスマスに向かい、エマおばあさんは準備を始めます。
     しかし、この年は冷夏のせいで、残念ながらツリーに飾る「命」を表すりんごもありません。
     それどころか、皆が食べるリンゴすら事欠く様子でした。
     そこで、エマおばあさんは、卵の殻にこうのとりとエンゼルの絵を描いてツリーに吊しました。
     この飾り卵やリンゴの絵を公園のモミの木にも飾りまわるエマおばあさん。
     そして、クリスマス・イブの夜、・・・。

     エマおばあさんのように、「みんなの為に・・・」とお祈りする事を忘れぬ人になりたいと思いました。

    掲載日:2011/12/13

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ねえ、「コワイ」って、もってる?

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット