すうじかるた 100かいだてのいえ すうじかるた 100かいだてのいえ
作: いわい としお  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
かるた以外の遊び方もたくさん! 絵本から生まれたあたらしいかるた
りおらんらんさん 30代・ママ

買ってよかったです
100かいだてシリーズ。子供たちが大好…

おばあちゃんと花のてぶくろ」 みんなの声

おばあちゃんと花のてぶくろ 作:セシル・カステルッチ
絵:ジュリア・ディノス
訳:水谷阿紀子
出版社:文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2011年10月
ISBN:9784894237339
評価スコア 3.33
評価ランキング 37,917
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 花が好きなおばあちゃんが、ぼけて、亡くなって、お葬式をして、、、、花を好きだったあばあちゃんのために、孫がママ(おばあちゃんの娘)に花を育てるコツを教えながら庭を造る話。

    ちょっと切ない部分もあり、年齢的にまだ早かったかもしれませんが、アメリカのカントリーっぽい感じがすごく素敵でした。絵がいわさきちひろさんっぽい印象です。ふんわり書いているので痴呆の話もそんなにひどくなく、読みやすかったです。

    掲載日:2013/04/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • みんな、いつかは しぬんだよね

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子18歳、男の子16歳

    主人公の少女は花の世話が大好きなおばあちゃんが大好きなのです。
    一緒に花の世話をし、お茶を飲んでいたのですが、
    おばあちゃんはやがて入院、痴呆も始まり、死んでしまいます。
    主人公はそんなおばあちゃんの姿をつぶさに体験するのです。
    でも大丈夫。
    主人公には、おばあちゃんから教えてもらった花の世話のスキルがあるのです。
    それが、落ち込んでいる、実子である母も慰めるのですね。
    老いる現実が淡々と描かれます。
    花の手袋のアイテムが素敵です。
    死についてそっと考えたい時に子どもたちにセレクトしてあげたいです。

    掲載日:2012/02/06

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.33)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット