なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子 なぞなぞのすきな女の子の試し読みができます!
作: 松岡 享子 絵: 大社 玲子  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
創刊40年!世代を越えて愛され続ける、不朽の名作です!読み聞かせは4歳から、一人読みは6歳から
おはなばたけちゃん。さん 40代・ママ

すこしハラハラしながら・・
4歳になって再び読んでみました。 以…

ミヤマ物語 第2部 結界の森へ」 みんなの声

ミヤマ物語 第2部 結界の森へ 作:あさの あつこ
出版社:毎日新聞社
本体価格:\1,400+税
発行日:2011年04月
ISBN:9784620107264
評価スコア 3.67
評価ランキング 30,071
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 現代っ子

    今の時代の子供を投影した、行きては帰りし物語。
    というか、行き帰り自由なのかな?

    最初は鋭利な文章で、痛いほど磨かれたハイファンタジー風だったが、途中から同じ言葉を何度も重ねたり(強調なのはわかるがあまり使うのはどうだろう)、喩え文を乱用するのはかまわないが、直喩法ばかりで、どうにも思い込みの強い幼い印象を受けた。
    話以前に気になってしまった。
    話もなかなか進まず、二冊でここまでかぁ。

    と思ったら、こども新聞掲載の文章だそうで、作者の他作品は未読なので、わざわざそのように書いてあるのかな、とも。
    なんだかんだ言っても、忙しくてつい途中までで返却してしまうことが多いなか、放り出すことなく2冊続けて一気に読めたことも付け加えておきます。

    久々日本の大型ファンタジーといった風かな。
    オバサンには主人公・透流が、ただの現実からあぶれてファンタジー世界でなら力を発揮できるだけのように見える。
    いじめられっこinファンタジー世界はありがちなので、書き方かな〜。

    掲載日:2014/04/22

    参考になりました
    感謝
    0
  • 『透流』の名前の由来、ミヤマの森へ

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子16歳、女の子11歳

    第1部の「ミヤマ物語」が2008年の6月に出ていますから、約3年待ちました!
    やっと第2部に出会えました!!(わ〜い)
    でも、読みたいって思いだけで、微妙にどんな話か忘れちゃった。そう思っている人も多いと思います。(かくいう私もそうでした)
    でも、大丈夫!あさのあつこさんは、ちゃんとその辺も考えていたようです。第1章は《始まりの始まり》とあり、実はこれ第1部のあらすじみたいになってました。(ストーリーを思い出しながら、あさのさんやるなぁと、思いました。シリーズものなのに、間が空いてしまうと細かいところを忘れてますので)

    主人公・透流(とおる)とハギがいよいよちゃんと出会い、
    ハギの母を助けるため《ミヤマの森》へ出かけていくこの第2部の後半は、ドキドキハラハラの連続で、あっという間に読んでしまいました。
    第1部では、それほど気にしていなかった家政婦の「草代」がなかなかオイシイ役所で、物語のキーパーソンになっている気がしました。
    草代が頭の中でちらりと思いだした『透流』という名前を付けた……うんぬんというところで、前半のこちら側の世界の話はいったん幕を閉じるのですが、
    この言葉がとても気になりました。
    『透流』の名前って誰が付けたんでしょうか?由来はなんだったのでしょうか?続きがますます気になります。

    挿絵はほとんどありませんが、あさのさんのぐいぐい惹き込んでいく文章のおかげで、300ページもある物語に感じられませんでした。
    小学校の高学年くらいから中・高生のお子さんたちにお薦めします。
    ところで、萩たちの背丈って、私は自分で勝手に、こちらの人間に比べるとやや小柄(ヨーロッパの昔話で登場するような“ドワーフ”と呼ばれている小人の妖精)かなと思っていたのですが、
    違うのかな?背丈についてはちゃんと記述があったか思い出せません。

    掲載日:2011/12/15

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ドイツで大人気!バニーが日本上陸

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット