十二支のおもちつき 十二支のおもちつき
作: すとう あさえ 絵: 早川 純子  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
来年も福がいっぱいの一年になりますように。

セコイア 世界でいちばん高い木のはなし」 みんなの声

セコイア 世界でいちばん高い木のはなし 作・絵:ジェイソン・チン
訳:萩原信介
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2011年11月
ISBN:9784834026573
評価スコア 4.25
評価ランキング 14,468
みんなの声 総数 3
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 木の神秘

    • ちょてぃさん
    • 40代
    • ママ
    • 静岡県
    • 女の子13歳、女の子9歳

    この本を読むまで、「セコイア」という木のことを、その木が世界で一番高い木であることを知りませんでした。しかし、セコイアという木がとても神秘的で生命力がある巨木であることが、とてもわかりやすく書かれていて、一気に読んでしまいました。

    掲載日:2015/01/06

    参考になりました
    感謝
    0
  • 世界で一番高い木だとようセコイアのお話ですが、少年の冒険ストーリーとして楽しめる絵本です。
    それに加えて様々なトリックが楽しませてくれます。
    タイトルページの絵の意味が終わりになってわかりました。
    少年が持ち歩く絵本と、この絵本の絵の関係が面白く、印象的でした。
    ローマ人が現れたり、恐竜時代の風景があったり、セコイアの木のぼりの風景も素晴らしく、なんだか得した感じです。
    少年の置き忘れたセコイアの本を手にした少女。
    ただ、気になったのは少女にピンクの爪は違うんじゃないかな〜。

    掲載日:2014/05/21

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちいさな地球

    木登りが好きな子どもが、おもしろそうに読んでいました。
    でも、簡単に登れるような木ではありません。
    数千年を生きてきたセコイアは、高さが100メートルもあります。
    一本のセコイアが、ちいさな地球のような生態系をもっていることに、ただただびっくりです。

    セコイアの松ぼっくりは、意外なほど小さいです。これが、とてつもなく大きくなるなんて信じられません。
    この200年の間に、95%を伐採してしまい、絶滅にひんしているのが残念です。

    科学的でおもしろいお話に、大人も引き込まれると思います

    掲載日:2012/03/22

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『あっちゃんあがつく たべものあいうえお』の魅力を広めた書店員さんにインタビュー!

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット