おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン おりがみだいすき おってあそぼ!アンパンマン
原作: やなせ たかし 折り図・指導: 藤本 祐子 作画: やなせスタジオ  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
おじいちゃんもおばあちゃんもみんなでおってあそぼ!

ピートのスケートレース ―第二次世界大戦下のオランダで―」 みんなの声

ピートのスケートレース ―第二次世界大戦下のオランダで― 作:ルイーズ・ボーデン
絵:ニキ・ダリー
訳:ふなとよし子
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2011年11月
ISBN:9784834026672
評価スコア 4.67
評価ランキング 1,937
みんなの声 総数 8
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 命がけのスケートの旅

    オランダも第二次世界大戦では被害国としての歴史があるのですね。
    ドイツ軍に占領されたオランダでの、レジスタンス。
    イギリスと秘密で通信していたヨハンナの父親がドイツ兵に連れ去られ、危険を感じたヨハンナと弟をベルギーまで送り届ける。
    10歳のピートがおじいさんから託された役割でした。
    凍った運河をスケートで滑り続ける子どもだけの旅。
    途中でドイツ兵の検問を受け、あるところでは橋の下に隠れ、他には隠れる場所もない大冒険。
    実話を基にしたお話なのでしょうね。
    それだから、このスリル感は命がけだし、スピード感は必死さを込めています。
    運河を200キロも滑るスケートレースにあこがれを持ち、親がスケート造りを仕事にしていたからでしょうか。
    ピートでなくてはできなかった偉業だと思います。
    戦争の影と死と隣り合わせの生活。
    後書きを読んで、ヨハンナの父親は帰らなかったことを知って、改めて、ピートがなしえたことがどれだけのことだったか、ドイツ兵に止められたときに自分を見失わなかったピートの強さがいかなるものだったか、考えさせられました。

    あまり身近に感じられない話だけに、子どもたちとじっくりと受け止めたいお話でした。

    掲載日:2012/02/09

    参考になりました
    感謝
    3
  • 勇気ある人々に乾杯!

    第二次世界大戦下のオランダの話。10才の男の子ピートは、じいちゃんから大役を任されます。ドイツ兵から身を隠す必要のある近所の子ども二人を隣国のベルギーに送り届けるようにと。

    オランダでは冬、凍った運河をスケートで滑ることが移動手段の一つです。ピートはスケートが得意。子ども三人がスケートをして遊んでいるふりをして運河を滑り、国境を越えるのです。

    兵士の目をごまかせるでしょうか?道は間違えないでしょうか?まだ7才の小さな子はついてこれるでしょうか?でも、行くしかない。「・・わたしたちオランダ人はね、運河でスケートをするのが好きなだけじゃない、ほんとうはとても勇敢なのよ」という母さんの言葉を胸にして。

    ピートの勇気もさることながら、大切な孫、息子のピートを信頼して送り出すじいちゃんと母さんの勇気もまたすごいものです。戦時下という特殊な場面では、否応なく人は強くなるものなのでしょうか。我が身の危険を顧みず隣人のために力を尽くす・・。同じオランダで、隠れ家に住むアンネフランクの一家を支えたミープ・ヒースさんのことなども思い出されました。たくさんの人への謝辞に作中の人々の関係者と思われる名前が多数あり、事実を元にして書かれた本なのだろうと推測されます。このことに気づいてから再読すると、より胸にせまるものがありました。

    また、スケートが暮らしの中に根づいているオランダのお国柄、気候・風土など、日本とまた違う暮らしを知ることができました。子どもたちにとっては、視野を広げ、勇気あるピートの行動から学び、読むことによって自分もまた成長することのできる本だと思います。

    掲載日:2014/06/26

    参考になりました
    感謝
    2
  • 『エルフステーデントホト』スケート競技

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子18歳、女の子13歳

    副題に「第二次世界大戦化のオランダで」とあります。
    表紙カバーの見返しに織り込まれた部分と、作者の後書きに、このお話の解説が載っていました。
    このお話に紹介されているオランダのスピードスケートの競技『エルフステーデントホト』は、実際に公式で行われているレースですが、お話そのものは、作者が念入りに下調べをして作り上げた創作だそうです。

    詳しくは本文の物語と、その解説を読んでもらえばわかりますが、
    直接大戦に参加していなかったオランダでも、
    当時はこういう恐ろしい疑惑による逮捕や処刑があったんだろうと推測されます。
    それをホントにうまく『エルフステーデントホト』競技にあこがれる男の子の話としてまとめられているので、戦争の話ですが、あまり胸に来る重たさはありませんでした。

    ミキ・ダリーの絵が、オランダの小さな町の風景や、運河の様子、子どもたちの不安なスケート移動の様子を見事に描いてくれていて見応えがありました。
    少々文章は長めです。
    高学年以上なら読み聞かせもできなくはありませんが、個人的には絵をじっくり時間をかけてみてほしいし、物語の内容も繰り返し読んでほしいので、ブックトークという形で、子どもたちに紹介できたらいいなと、思いました。
    高学年事情、中学生・高校生のお子さんたちに、
    出来れば戦争のブックトークのカテゴリーではなく、色々なスポーツ競技のおはなしの1つとして、紹介してみたいです。

    掲載日:2014/02/11

    参考になりました
    感謝
    2
  • 子どもたちに紹介できたら

    冬の運河をスケートで滑るで思い出したのは、『楽しいスケート遠足』で、よく見たら訳者が同じでした。

    ただこちらは内容的に緊迫感があり、『楽しいスケート遠足』とは趣が異なります。

    第二次世界大戦下、オランダの国はドイツの占領下、10歳の少年・ピートが二人の子どもたちを連れて国境越えの任務を任されるのです。

    10歳というとちょうどうちの息子と同じということで、息子もこの話の成り行きをとても知りたがりました。

    占領下という非常時と重い任務の中でピートの心を支えたのは、200キロという距離を走りとおしたピム・ムリエルのことと、ピムが立ち上げた国民的行事「エルフステードントホト」のこと。

    非常時にその国の人々の心を支えるものは民族の誇りと優れた先人のことであるのだとこの絵本を通じて感じました。

    読み聞かせすると20分ほど。ブックトークでもいいから、中学年以上の子どもたちに紹介できたらいいなあと思いました。

    10歳の少年が懸命に頑張る姿は、その年代に近い子どもたちに勇気を与えるように思います。

    それは子どもだけでなく大人もですが、久しぶりに読み応えのある絵本に出会った気がしました。

    掲載日:2011/12/21

    参考になりました
    感謝
    2
  • お話し会のリーダーの方のお薦めで読みました。

    読後すぐ、「ペドロの作文」(アリス館)を思い出しました。
    不幸なことに、戦争や軍事政権下で少年少女時代を過ごさねばならない子どもたちは、過去にも今もたくさんいます。

    こちらの作品は、実話をもとに作られたそうです。

    1939年、第二次大戦開始で、オランダにもヒトラー率いるナチスドイツが攻め込み占領下に置かれます。
    ベルギーとの国境近くのオランダの町スラウスに住むピートは、スケートに夢中な10歳の少年。
    いつの日か(憧れのピム・ムリエイルが、自ら滑り、公式レースに立ち上げた)「エルフステーデントホト」という、11の町をめぐるオランダ最大のスケートレースに出場する夢を持ち続けています。

    そんなピートが、1941年冬のある日、重大な任務をスケート作りの職人の祖父に言いつかります。

    祖父の知人のウィンケルマンさんが、イギリスと無線機で連絡していたことでナチスに捕らえられ、身の危険を察知した、ウィンケルマン夫人が子どもたちを、隣国ベルギーのブリュッヘ(現ブリュージュ)のおばさんのところへ逃がしたいと思っています。

    それには、凍った水路で遊んでいるがとごとくスケートで滑って行くのが、厳しいドイツの監視下で最も安全な方法でした。
    その手助けをすることになったのです。
    ドイツ占領下でも、オランダ人のスケートが許されていたのです。

    ヨハンナ(9歳)とヨープ(7歳)姉弟と一緒に、警備兵が目を光らせる中、命がけで凍った運河16キロをスケートで滑らなくてはならないのです。
    事情がばれたら即捕らわれてしまうかもしれないという、訳有りの姉弟をドイツ兵から護りサポートし、滑り続ける勇敢なピートの胸の内の緊張感が伝わってきます。

    スケートが氷上を滑る スイッシュー スイッシューの音が、なんとも読んでいて読者をも「早く 早く」と焦らせます。
    手に汗を握りつつ、読み進めました。

    10歳で最悪の場合は死″と腹を決め、心の中で歯を食いしばり、大人(それも敵兵)と対峙しなければならない時代が、とにかく悲しい。
    ピートにとって貴重な体験になったかもしれないけれど、子ども時代にこんな経験で勇気を育む必要はないと思いました。
    また、こういう機会を子どもに与えぬよう、現代の戦火を少しでも消せたらと思いました。

    結末は、皆さんで確かめてください。

    巻末に、「それから・・・・・・」と「作者より」の補足があり、じっくり余韻を楽しめました。

    少々文章量が多く内容も複雑なので、高学年以上の方にお薦めします。

    ソチ五輪でのオランダのスケート選手の活躍は、400年以上の歴史を持つオランダの方々にとって、さぞや誇らしいことだったでしょう。

    掲載日:2015/11/05

    参考になりました
    感謝
    1
  • かなりの早期教育ですね。命がけのスケートという重大な任務を任された時のピートのプレッシャーと言ったら相当なものだったでしょう。読んでいる私も心臓が口から出そうなくらいドキドキしました。何とも緊張感溢れる絵本です。

    掲載日:2015/02/28

    参考になりました
    感謝
    1
  • 1ページ1ページが緊迫。

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子10歳、女の子5歳

    小学5年生になった息子と読みました。

    国と国との関係や、歴史などを意識しだした息子。
    第二次世界大戦、ドイツ軍、連合軍、
    ドイツとオランダやベルギーとの関係は???でしたが、
    とにかくドイツ軍に占領されていて、
    誰も彼もがちょっとしたことでつかまって連行されてしまい、
    そんな緊迫した中で生きているオランダやベルギーの人々の生活や
    息遣いが、とってもよく伝わってきたと思います。

    小さい子二人を託されてしまったピート。
    スケートへの熱い思いと、
    大人たちから注がれた、ぎっしりと詰まった期待、責任感。

    長いお話ですが1ページ1ページが緊迫で、
    手に汗を握ります。

    無事に任務を完了したピートと、
    後日談まで読み終えたときには
    本当に体中の力が抜けるかと思いました。

    日本が舞台の話ではないけれど、
    戦争というのはこんなにも、人々に緊張と無理を強いるものであること、
    有る日突然家族が引き離されてしまうことが、
    そして、本当に実際にこういうことがあったのだということが
    とてもよく分かる一冊です。

    掲載日:2017/04/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • あぁ、よかったぁ・・!

    • もゆらさん
    • 50代
    • その他の方
    • 神奈川県

     ルイーズ・ボーデンさま:あなたは第二次世界大戦という現実の歴史のなかに、実に緻密巧妙に、ハラハラする程生々しく、物語と映像とを創りあげましたね。私はその練り上げられたページの中で、右往左往させられました。時を越え、まるで当時のオランダの凍った運河の上で、勇敢な3人の子どもたちを橋の陰から応援し、手に汗にぎる気分になってしまいました。暗い時代の中にも、明るい未来の予感を信じて生きる一人の少年に、ヒーローを感じました。ありがとう、創作でホント、よかったぁ。感謝

    掲載日:2014/12/31

    参考になりました
    感謝
    0

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



くまのパンやでパピプペポ♪おいしいパンをめぐって起こるお話

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.67)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット