うさぎマンション うさぎマンション うさぎマンションの試し読みができます!
作: のはな はるか  出版社: くもん出版
うさぎマンションには、 画家、パン屋、音楽家、魔法使い… いろんなうさぎが住んでいます。1部屋ごとに進行する物語を 見つけて、楽しむ絵本。

たべてあげる」 みんなの声

たべてあげる 作:ふくべ あきひろ
絵:おおの こうへい
出版社:教育画劇 教育画劇の特集ページがあります!
本体価格:\1,100+税
発行日:2011年11月
ISBN:9784774612164
評価スコア 3.75
評価ランキング 29,419
みんなの声 総数 11
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 賛否両論でしょう。ダークな絵本。

    怖すぎました。
    子ども向けの絵本とはとても思えない、まさかの展開。
    かなりダークな絵本でした。
    楳図かずおさんの漫画のような怖さです。
    でも。息子はまだその怖さに気付いていないようです。
    楽しく読んでいました。
    想像力が足りない幼児にはまだ理解できないようです。
    小学生になったころ、本当の怖さに気付くかもしれません。

    ふくべあきひろさんの「いちにちシリーズ」も大好きですが、
    これはまたまったく違った展開でした。
    初めてのダークな絵本として、お試しあれ。

    掲載日:2016/03/02

    参考になりました
    感謝
    1
  • おいしい話には…

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    嫌いなピーマンを代わりに食べてくれるもう一人の僕。そんな便利な存在がいたらそれは頼ってしまうでしょう。
    こんなおいしい話には裏がありそう…と思っていたら案の定!
    そばで聞いていた夫は笑っていましたが私と娘はけっこう怖かったです。
    好き嫌いすると良くないという気持ちになる絵本だとは思います。好き嫌いは良くないので怖いくらいでいいのかもしれませんがね。

    掲載日:2014/06/18

    参考になりました
    感謝
    0
  • ちょっとダークな食育絵本!?

    子供達に大人気の『いちにちシリーズ』ふくべあきひろさんの他の作品も読んでみたいなと思って、手に取ってみました。

    好き嫌いの多いりょうたくん。
    ごはんのおかずに嫌いなピーマンが入っていました。
    「ピーマンなんて大嫌い。誰か代わりに食べてくれないかな〜」
    ふとそう思った時、コップの後ろから小さな男の子が出てきました。
    「食べてあげる」
    それは小さなりょうたくん。
    それ以来、小さなりょうたくんは嫌いなものを全部食べてくれるようになって…?

    読み終わった後の正直な感想は、「こわっ!!」の一言でした(汗)
    誰だって嫌いなものが出てきたら、「やだなー、消えてなくなっちゃえばいいのに」って思ったことがあるはず。
    思わずそれを反省してしまいそうになりました。

    『いちにちシリーズ』とは全く違う、少しダークなお話。
    最後は夢オチなんかで終わるのかな?と思っていたら、いえいえ、そんなに甘くはありませんでした(笑)
    小さなお子さんに読んで、「ほら○○くんも、りょうたくんみたいになるよー」とは口が裂けても言えないかなぁ。
    それとも、子供の方が素直に「好き嫌いしたから、りょうたくんはこうなったんだよ」って納得するかも?
    怖いもの見たさで、いかがでしょうか?

    掲載日:2013/04/19

    参考になりました
    感謝
    0
  • キモ可愛いりょうたくん

    • みちゃママさん
    • 20代
    • ママ
    • 茨城県
    • 男の子2歳、女の子0歳

    3Dアニメの様な表紙の絵にひかれて借りてみました。
    読んでみたら意外に面白かったです。
    キモ可愛い現代風の絵と不思議な内容になせが魅力を感じます。
    2歳4ヶ月の息子は分かっているようないないような…
    絵に怖がるかと思いきや、気に入ったようで何回も読んで欲しいと。
    二人のりょうたくんがピースしてるシーンにクスっと笑ってしまいました笑

    掲載日:2013/03/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • ホラー!?

    • 環菜さん
    • 20代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子5歳、男の子4歳

    好き嫌いばかりしているりょうたくんの前に突如現れた、「ちいさなりょうたくん」。ちいさなりょうたくんは、「たべてあげる」と、りょうたくんの嫌いなものを全部食べてくれます。どんどんワガママになっていくりょうたくん。
    だけど、そんな甘い人生はないですよね。
    ちいさなりょうたくんは、そのうち、りょうたくんの好きなものまでどんどん食べ始め、いつの間にかりょうたくんよりも大きく・・・。
    その後の結末が、ちょっとホラー!りょうたくんが改心するだけではないラストに、大人の私もちょっとドッキリ。子供たちは内心、もっとドッキリしちゃったかもしれません。
    なんだか、好き嫌いって絶対しちゃいけない気分になりますよ。大人も子供も(笑)

    掲載日:2012/05/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • そんなに残酷か?

    レビューをみて、かなり批判があったので

    私個人的にみたいと思い、図書館で予約し借りました。

    どんな結末がまってるかと思えば、

    そんなにたいして残酷とは感じなかった。

    ラストが悲しいとか、残念とか

    そういう絵本は意外とあります。

    それにくらべたら、まったく残酷さは感じず、

    むしろ、中途半端だなと感じました。

    とことん、上にも下にも突き進まなければ

    小さい子には、届きません。

    掲載日:2012/05/15

    参考になりました
    感謝
    0
  • 違ったラストにしてほしかった。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子16歳、女の子12歳、

    コンセプトはとっても面白いと思います。そして、おおのこうへいさんの絵も個性的でよかったのですが、このラストはまずいです。
    少なくとも、うちの子みたいに感受性の強い子どもたちには絶対薦められません。
    たぶんうちの子はこの絵本を見たら、怒るか泣くかします。

    おばけや妖怪が出てくる作品より、正直怖い終わり方です。
    こういう作品をどのような年齢層向けに出版したのか、作者や出版社の意図がつかめませんでした。
    特に小さな子どもたちは主人公に共鳴することが多いので、こんな怖い終わり方では子どもたちに薦められません。
    もう少し違ったラストにしてほしかったです

    掲載日:2012/04/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 好き嫌いはだめよ

    シュールでショッキングな絵本です。でも、5歳の娘はえええ〜〜〜と言いながらゲラゲラ笑って楽しんで
    いました。絵本と現実は違うんだという概念がある年齢だと、いちストーリーとして受け入れることができる
    のではないでしょうか。
    好き嫌いをなくそうという趣旨で描かれた絵本なのでしょうが、小さい子にはシュールすぎて、恐怖が大きい
    のではないでしょうか。

    絵は漫画チックでかわいいです。

    掲載日:2012/03/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 怖い…

    小さいりょうたくんが次々にりょうたくんのきらいなものを食べてくれるのですが、本当に衝撃的なラストです。小さいりょうたくんの目が、怖いです。本屋さんで見かけて最後まで読みましたが、怖くてドキドキしてしまいました。一度読んだら忘れられない強烈な印象を持った絵本です。普段、読み聞かせのボランティアをしていますが、子供に与えるのはどうかと考えてこんでしまいました。夢に出てきそうで…。

    掲載日:2012/03/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • かなりショッキングな結末です。

    • ハリボーさん
    • 30代
    • ママ
    • 京都府
    • 男の子8歳、女の子4歳

    クリクリお目目にぽっちゃりホッペの男の子の絵の表紙からは、想像もできない、なんともこわ〜い展開、ショッキングな結末で、娘も私もしばらく呆然としてしまいました。

    りょうたくんの嫌いなものを、代わりに食べてくれる小さなりょうたくんは、最初は、りょうたくんの救世主に見えましたが、いつの間にか、嫌いなものじゃないものでも食べてしまうようになり・・・。

    最後は、あえて書きませんが、読みながらハッピーエンドを期待していた私の予想は大きくはずれ、かなりショッキングな結末でした。

    好き嫌いが多いお子さんが読むと、ちょっと身が引き締まるかな?!

    掲載日:2012/02/14

    参考になりました
    感謝
    0

11件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ぐりとぐらのかいすいよく / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / おばけのバーバパパ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語


「MR.MEN LITTLE MISS」アダム・ハーグリーブスさん インタビュー

みんなの声(11人)

絵本の評価(3.75)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット