雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
りひまるさん 40代・ママ

たくさんの人に
宮沢賢治さんの「雨ニモマケズ」こういっ…

たべてあげる」 みんなの声

たべてあげる 作:ふくべ あきひろ
絵:おおの こうへい
出版社:教育画劇 教育画劇の特集ページがあります!
本体価格:\1,100+税
発行日:2011年11月
ISBN:9784774612164
評価スコア 3.9
評価ランキング 30,272
みんなの声 総数 20
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

20件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • このユーモアのわかる年齢の子に

    キャッチーな画風で、楽しい絵本かなと思いきや…
    これは、幼い子にはちょっと強烈すぎ、怖すぎかもしれないですね。

    アルコール絵本的(大人にはストレス発散だったり、癒やしになるけど、子どもには、刺激が強すぎて与えられない害のあるものという意味)です。

    このユーモアが分かる、ものごとを客観視できる年齢以上の子に読みたい絵本だと思いました。

    掲載日:2017/10/11

    参考になりました
    感謝
    3
  • おもしろい

    • nrさん
    • 40代
    • ママ
    • 愛知県

    学校での読み聞かせに参加しております。読み聞かせの本を探しており、このほんをみつけました。早速、学校で、読みました。絵もはっきりしていて面白く、読み聞かせに向いていると思いました。
    子供たちの反応もよかったです。
    本のサイズの大きすぎず、持ちやすいです。

    掲載日:2017/05/26

    参考になりました
    感謝
    2
  • いつのまにか、好きなものまで

    このおはなし、こわいです。
    コップのうしろから出てきたとても小さい分身みたいなのが
    いつのまにか、いつのまにか、、
    ママは何も知らない。ずっと永遠に知らないまま。
    こういうの
    こどもは別にこわいと思わないのでしょうかね。

    掲載日:2017/09/14

    参考になりました
    感謝
    1
  • 読んでほしい

    とにかく事前情報抜きに読んでほしい!
    ホントにそれだけです。
    息子にも「絶対読め!」と渡して、まぁ絵本ですからサラッと読んだ後、「面白いね。」ニタリ。でした。

    感想なので、一言書いておくと、ラスト素晴らしい!!です。

    掲載日:2017/09/14

    参考になりました
    感謝
    1
  • 食育絵本です。好き嫌いが激しい男の子が主人公です。

    なぜか主人公の子が少し無機質な感じが読み始め、表紙からも
    気になりますね。途中はおもしろいです。だよねそうだよね、これ(食べ物)
    も嫌いだよねときっとこどもは共感する食べ物ばかりが登場します。

    そしてラストは驚愕!ちょっと怖い
    進撃の......おっと失礼、そんなラストが怖すぎです。

    楽しい食育かな?と思って読み進めると
    びっくりすると思います。子供たちはどうでしょう。
    好き嫌いわかれるかな逆効果になるかもしれない。

    大人はブラックでおもしろいですが、子供たちの反応は
    どうかな〜ということで星3つにしました。

    掲載日:2017/05/10

    参考になりました
    感謝
    1
  • これは‥怖い

    • みっとーさん
    • 30代
    • ママ
    • 滋賀県
    • 男の子5歳、女の子4歳

    ちょっとしたホラーのように、怖〜いお話で「好き嫌いせずなんでも食べよう」と訴えてくる絵本です。
    ちっちゃな自分が、嫌いなものをなんでも食べてくれているとき、その姿がかわいくて「いいなぁ〜」と言っていた子どもたちが、最後の方で「え?まさか…?」と顔を見合わせて驚いていました。
    短い絵本なのに、世にも奇妙な物語の一つの作品のようでおもしろかったです。

    掲載日:2017/05/09

    参考になりました
    感謝
    1
  • 賛否両論でしょう。ダークな絵本。

    怖すぎました。
    子ども向けの絵本とはとても思えない、まさかの展開。
    かなりダークな絵本でした。
    楳図かずおさんの漫画のような怖さです。
    でも。息子はまだその怖さに気付いていないようです。
    楽しく読んでいました。
    想像力が足りない幼児にはまだ理解できないようです。
    小学生になったころ、本当の怖さに気付くかもしれません。

    ふくべあきひろさんの「いちにちシリーズ」も大好きですが、
    これはまたまったく違った展開でした。
    初めてのダークな絵本として、お試しあれ。

    掲載日:2016/03/02

    参考になりました
    感謝
    1
  • そんなに残酷か?

    レビューをみて、かなり批判があったので

    私個人的にみたいと思い、図書館で予約し借りました。

    どんな結末がまってるかと思えば、

    そんなにたいして残酷とは感じなかった。

    ラストが悲しいとか、残念とか

    そういう絵本は意外とあります。

    それにくらべたら、まったく残酷さは感じず、

    むしろ、中途半端だなと感じました。

    とことん、上にも下にも突き進まなければ

    小さい子には、届きません。

    掲載日:2012/05/15

    参考になりました
    感謝
    1
  • 怖い話?

    たべてあげる
    最初は大喜びで嫌いな食べ物を食べてもらってたけど、そのうち、好きなものまで食べられちゃって、どんどん大きくなっちゃって、最後には自分が食べたれて入れ替わっちゃうなんて…
    食育絵本と言いながらも、ホラー?
    絵が特徴的だから余計惹かれえるのかも。

    掲載日:2017/07/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 男の子が嫌いな食べ物を、代わりに「食べてあげる」という小さな分身が出てきました。
    はじめは嫌いなものだけを食べていたはずが、そうじゃないものまでどんどん食べ始め、あっという間に小さな分身は大きく育ちました。
    「好き嫌いをせずになんでもバランスよく食べないと大きくなれないよ」という意味が込められていそうですが・・・うちの子はラストが怖かったようで、「もういい!」と言って逃げました^^;
    冗談がわかるくらいの年齢なら楽しめるかもしれません。

    掲載日:2017/06/16

    参考になりました
    感謝
    0

20件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / ちょっとだけ / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『りっぱなマジシャンへの道』 <br>マジシャン・大友剛さんインタビュー

全ページためしよみ
年齢別絵本セット