もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

くまくんと6ぴきのしろいねずみ」 パパの声

くまくんと6ぴきのしろいねずみ 作・絵:クリス・ウォーメル
訳:吉上 恭太
出版社:徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:2011年12月31日
ISBN:9784198633196
評価スコア 4.2
評価ランキング 16,812
みんなの声 総数 9
「くまくんと6ぴきのしろいねずみ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 昔話っぽいストーリーが魅力

    • ジュンイチさん
    • 40代
    • パパ
    • 広島県
    • 男の子12歳、男の子6歳

    「ひとりぼっちのかいぶつといしのうさぎ」「かしこいさかなはかんがえた」で知られるクリス・ウォーメルの2011年の新作。

    主人公は、何とぬいぐるみのクマ。
    散歩していて、森にやってきたところから物語は始まります。
    その森から聞こえてきたのは、6匹のネズミの助けを呼ぶ声。
    迷子になった6匹のネズミは、クマにふくろう、キツネ、ヘビに食べられちゃうと言うのです。
    それからは、クマの知恵の見せ所。
    クマは、ふくろう、キツネ、ヘビを巧みに騙すのですが、その文句が何とも言えません。
    それにしても、ふくろう、キツネ、ヘビの写実的な絵は、クマの絵との対比が絶妙。
    最後のシーンでの3匹の絵には、圧倒されるお子さんもいるのではないでしょうか?

    一寸昔話っぽいストーリーは、懐かしい感じもあって、かなり楽しめるもの。
    大判の絵で、読み聞かせにピッタリの作品としてオススメです。



    掲載日:2012/02/24

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん / じゃあじゃあびりびり

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



刀根里衣さんの最新刊発売記念!ギフトにぴったりの絵本

みんなの声(9人)

絵本の評価(4.2)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット