雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
りひまるさん 40代・ママ

たくさんの人に
宮沢賢治さんの「雨ニモマケズ」こういっ…

ブルーナのおはなしちえあそび おおきい ちいさい」 みんなの声

ブルーナのおはなしちえあそび おおきい ちいさい 作・絵:ディック・ブルーナ
訳:村田 さち子
出版社:講談社 講談社の特集ページがあります!
本体価格:\500+税
発行日:1998年09月
ISBN:9784063392036
評価スコア 4
評価ランキング 20,742
みんなの声 総数 2
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • どっちがおおきい?

    • りゅうあさん
    • 30代
    • ママ
    • 山口県
    • 男の子5歳、女の子3歳

    たくさんの動物たちが、身体の大きさくらべをします。
    かたつむりから始まり、どんどん大きい動物が出てきて、最後は大きなぞうの登場。

    大きさの勉強になるだけでなく、動物を覚えられて一石二鳥だと思います。
    少ししかけ絵本のようにもなっているので、ワクワク感も満載です。

    掲載日:2012/03/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • おもしろいしかけ絵本です

    4ヶ月の娘に読んでやりました。次々といろいろな動物が小さいものから大きなものへと順に登場していくのですが、これが切り抜かれたしかけ絵本なので、おもしろいです。大きさの違いが透けて見えるというか、だんだん大きくなっていく様子がわかるのです。娘は大きさとか動物とかそういうものを理解するというよりは、触ってでこぼこしている様子を楽しんでいるようでしたね。そのでこぼこしているところから、かめさんだね、とか繰り返し読み上げてあげる・・・そういう絵本の楽しみ方もあるのかな?と思いました。

    掲載日:2011/12/19

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



子育ての大きな悩み「寝かしつけ」に役立つシリーズ!

みんなの声(2人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット