くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。

ぼくのかわいくないいもうと」 みんなの声

ぼくのかわいくないいもうと 作・絵:浜田 桂子
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2005年09月
ISBN:9784591088074
評価スコア 4.66
評価ランキング 2,297
みんなの声 総数 31
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

31件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ
  • 兄と妹

    いやあ、この表紙のいもうと! これがまた、かわいくない!
    お兄ちゃんの、憎憎しいと思っている気持ちが、実によく現れています。
    浜田さんて、表現力実に豊かな方ですねえ。

    妹は、金魚のフンみたいにくっついてくる。
    おしゃべりで、でしゃばりで、うっとうしい。
    お兄ちゃんのぼくは、本当にヘキエキしているんだ、というかんじで、お話が始まります。
    でも、なんでかな、妹にとって、お兄ちゃんって、本当に大好きな存在なんですよね。
    兄がいて、妹という立場の自分にも、身に覚えがあります。
    特に、優しくしてもらった覚えも無い。かっこいいわけでも、頭がいいわけでもない。
    なのに、妹にとって、お兄ちゃんて憧れなのです。
    でも、やっぱり、お兄ちゃんにとって、妹はやっかいな存在なのでしょうねえ。

    おたふくかぜで倒れる兄を、おろおろしながら、心配してこっそり見守る妹が微笑ましいです。
    そして、兄の回復と共に病に倒れる妹を、「せいせいした」と思いながら、最後には心配になって、
    絵本を読み聞かせるところがたまらなく面白い。
    (この絵本のタイトル、また味があっていいです)

    最後には、やっぱりうっとうしい妹の復活に頭が痛い兄の気持ちが描かれています。
    でも、嫌い嫌いといいながら、離れられない二人なのですよね。
    そこを実に面白くついている絵本です。

    掲載日:2006/03/23

    参考になりました
    感謝
    4
  • 面白かったみたいです!

    小学1年生の娘が,図書館でこちらの絵本を一人読みしました。
    題名からして「きょうだい」の絵本と思っていましたが,我が家の娘は一人っ子。どこまで共感できるかなと思いましたが,娘は笑いながら読んでいました。
    そして娘の評価も満点の絵本です。
    きょうだいの有無に関わらず,面白い絵本ではないでしょうか。

    掲載日:2017/10/06

    参考になりました
    感謝
    2
  • うわぁぁ。

    読みながら、うわぁぁ。こんなのは嫌やなぁ。と息子。
    確かに結構鬱陶しい可愛くない妹です、一見すると。
    でも、明るいうるさい妹がちょっと調子を崩して静かになるとこっちまで調子狂うしなんだか退屈、さみしい。
    わかるなぁと思いながら最後まで面白く読みました。

    掲載日:2016/03/10

    参考になりました
    感謝
    2
  • 兄妹っていいな♪

    • ムスカンさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子8歳、女の子3歳

    3歳の妹をもつ、8歳の息子と読みました。

    主人公が「かわいくないいもうと」について力説する前半部分、
    兄として共感した部分がたくさんあるのか、
    かなり頷きながら読んでいた息子。

    病気になって遊んでほしい妹のいじらしい姿や、
    妹にうつってしまって妹が隔離されている姿には、
    日常で見に覚えもあることから、ジーンとくるものがあったようです。

    普段はうっとおしいと言いながらも、
    やっぱり妹を可愛がってくれるお兄ちゃん。
    兄妹っていいな。
    わが子たちをみても、この絵本を読んでも、
    本当にそう思います。

    この絵本がきっかけで浜田桂子さんの絵本を調べてみると、
    家族や兄妹に関する絵本が多いみたい。
    作者さん自身にも、お兄さんがいらっしゃるのでしょうか?

    本中には、
    「ぼくのかわいいいもうと」っていう絵本が出てきたりなんかして、
    なかなかユニークで笑える部分もたくさんありますよ。

    掲載日:2015/03/24

    参考になりました
    感謝
    2
  • 兄妹っていいな♪

    妹の存在って、兄にとっては、みんなこんな感じなのかもしれない
    と思った絵本でした。
    にくらしいけど、いないとさみしくなる、だからやっぱりかわいい存在♪
    私自身も兄がいる妹だったので、こんな感じだったーーーと、
    笑いながら読みました♪
    兄妹ってやっぱりいいなーと思わせてくれた1冊でした!!

    掲載日:2014/11/03

    参考になりました
    感謝
    2
  • そうそう。

    • 環菜さん
    • 20代
    • ママ
    • 宮崎県
    • 男の子4歳、男の子3歳

    浜田桂子さんの絵本は人情味があって大好きです。

    「ぼくのかわいくないいもうと」ってタイトルも率直でいいですよね。
    子供って、キョウダイをうとましく思う面は多かれ少なかれありますもんね。
    でしゃばりでウルサイ妹をわずらわしく思うお兄ちゃんの気持ち、すごく伝わってきます。
    でもやっぱりいないと・・・寂しいんですよね。
    かわいくなくなって、ぼくのいもうと、なんだもん。

    心がほわ〜っとなる、いい絵本ですよ。

    掲載日:2011/06/08

    参考になりました
    感謝
    2
  • かわいくないけどかわいいんだよね

    • オユマーさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子6歳、男の子4歳

    年が近い兄弟の上の子の悩みってこんな感じなのでしょうね。
    下の子は天真爛漫でひたすらお兄ちゃんが大好きだからとっている行動だけど、お兄ちゃんの困惑ぶり、よく分かります。ウザいな、なんて思いつつも、それがなくなると妙に寂しくて、で、思いもしない行動に出てしまう、そんなお兄ちゃんがかわいいです。
    ぼくのかわいくないいもうと、と言いながらぼくもかわいい、いもうともかわいい、とっても素敵な兄弟です。
    絵本の中の絵本は「ぼくのかわいいいもうと」になっていったりして、クスッと笑えました。

    掲載日:2010/07/20

    参考になりました
    感謝
    2
  • どうしてこんなに子供心に添えるんだろう

     『てとてとてとて』の浜田先生の作品です。
     表紙絵の輪郭の太い女の子のアップに笑ってしまいます。
     一つ違いの妹は、お兄ちゃんにとっては、扱いにくい存在なんでしょうね。
     扉絵のお兄ちゃんのシャツが引っ張られているような?と思って、次を開いて大笑い。
     お兄ちゃんと同じ髪型・格好の妹が、シャツの裾をしっかり握って登校中でした。
     お兄ちゃんの気持ち、学校での妹の行状、お誕生会のKYな発言、どれをとっても、どうしてこんなに子供心に添えるんだろうと感心してしまいました。
     私は、お兄ちゃんが友だちの兄弟関係の事を羨ましく思い「なんで ぼくだけ こうなんだ。」って言うページが大好きです。
     作中の絵本『ぼくのかわいいいもうと』が、端々に出てきていましたが、ラストで泣かせてくれますね。
     きょうだい万歳!っていう作品です。

    掲載日:2010/01/22

    参考になりました
    感謝
    2
  • きょうだいバンザイ!

    休み時間に友達ひきつれて、兄の教室にやってくる妹。
    そして、兄の絵を、友達に自慢している妹。
    授業中でもいつでも、姿を見つけると、「おにいちゃーん」と叫ぶ妹。

    ああ〜、こうたくん。君に同情します。
    しずかだったのは、おたふくかぜで寝込んでいた時だけだったね…笑。
    でも、「おにいちゃんだいすき」が服を着て歩いているような妹、カワイイ!! 

    文章量は多くないけど絵がいろいろ語っています。絵のアソビも楽しいです。

    長男が共感すると思って読み聞かせましたが、意外にも次男の方がこの絵本大好きです。
    「なんだかんだありつつも、弟妹想いのお兄ちゃん」を感じとってくれたようです。

    掲載日:2009/11/09

    参考になりました
    感謝
    2
  • 素敵な兄弟愛

    • びえんさん
    • 40代
    • ママ
    • 東京都
    • 女の子7歳、女の子4歳

    上の娘が図書館で借りてきました。
    妹はこの本の「ぼくのいもうと」みたいなおしゃべりキャラ
    ではないのですが、兄弟ならではの、よそのきょうだいは
    いいなぁ感は共感していると思います。
    じいっと読んでいました。

    私は、妹を心配するおにいちゃんの愛情が
    たっぷりでていてジーンとしてしまいました。
    やはりきょうだいはいいですね。

    掲載日:2009/08/10

    参考になりました
    感謝
    2

31件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 3 4 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん / くだもの

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • ぞうのエルマー
    ぞうのエルマー
    作・絵:デビッド・マッキー 訳:きたむら さとし 出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    5月26日は、エルマーの日。まるで体がパッチワークみたいにカラフルな、ぞうのエルマーが活躍します。
  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


医学博士/脳科学者・加藤俊徳さん インタビュー

みんなの声(31人)

絵本の評価(4.66)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット