雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
かずっこ☆さん 30代・ママ

心打たれる
宮沢賢治の心がまっすぐ表現されているこ…

チョコレート・アンダーグラウンド」 みんなの声

チョコレート・アンダーグラウンド 作・絵:アレックス・シアラー
訳:金原 瑞人
出版社:求龍堂
本体価格:\1,200+税
発行日:2004年06月
ISBN:9784763004208
評価スコア 3.5
評価ランキング 31,548
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 甘いお菓子が国で禁止されてしまったら?

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子16歳、女の子11歳

    訳者あとがきを読むと、アレックス・シアラーの3作目の本らしいです。
    訳者の金原さんも書いていますが、アレックス・シアラーは全く違ったコンセプトやジャンルのお話を次々と考えていくすごい作家さんだなぁと、改めて思います。

    この話はヨーロッパのあるどこかの国で、政権交代をしたらば、「チョコレート」を含む甘いお菓子禁止令を出されてしまって、甘いお菓子が大好きな子どもや大人たちが、奮闘する。というお話です。

    お菓子食べたさに過去のお菓子作りの本を古本屋で探して、作ってしまうとか、お菓子を食べている。また所持しているとわかった人たちは、大人でも子供でも容赦なく収容所のようなところへ連れて行かれて、矯正させられてしまったり、すごい世界です。
    普通の日本の子どもたちにはとても我慢できないと思います。

    主人公のハンフリーとスマッジャーは先生に目をつけられてしまいがちな元気な男の二人組です。
    最終的には、彼らがチョコレートを取り締まる健全健康等の捜査官たちと戦うのですが、このラストの展開はワクワクドキドキします。

    小学校高学年くらいから中学・高校生くらいのお子さんたちにお薦めします。
    特に甘いものが大好きな元気な男の達に読んでもらいたいです。

    掲載日:2011/12/19

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『大きなクスノキ』 みそのたかしさん さとうそのこさん インタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット