うさぎマンション うさぎマンション うさぎマンションの試し読みができます!
作: のはな はるか  出版社: くもん出版
うさぎマンションには、 画家、パン屋、音楽家、魔法使い… いろんなうさぎが住んでいます。1部屋ごとに進行する物語を 見つけて、楽しむ絵本。

はじめての哲学 愛すること」 みんなの声

はじめての哲学 愛すること 文:オスカー・ブルニフィエ
イラスト:ジャック・デプレ
訳:藤田 尊潮
出版社:世界文化社
本体価格:\1,500+税
発行日:2011年12月
ISBN:9784418115044
評価スコア 4.43
評価ランキング 7,970
みんなの声 総数 13
  • この絵本のレビューを書く

並び替え

13件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • 一人ディスカッション

     「イデーを愛することができるか」「イデーに意味はない」、、、
     まるで一人ディスカッションのよう。
     恋愛や、親子の情愛よりもっと広い意味の「愛」を哲学しています。
     哲学は、考えるほど正解がわからなくなります。だから、永遠のテーマなんだなと思いました。

     全身タイツの立体キャラがかわいいです。ポーズが絶妙で、動き出しそう。カラフルながら、シックな色使いもフランスぽくて、おしゃれだなと思いました。

    掲載日:2012/05/15

    参考になりました
    感謝
    1
  • 思春期をむかえる

    好きや嫌いの世界ではなく。
    あっさりした関係ではなく、異性に対して心悩ませる時はやってきます。
    そんなとき、人は悩み、苦しみ、自問自答します。
    そして、異性への思いを深めていくのです。
    青臭くて甘酸っぱい思い出の世界。
    それでも、当人は真剣なのです。
    人形劇のような絵がとてもハイグレード。
    初めての心の戸惑いを、とてもシンフォニックに描いています。
    アニメーションにしたらキャラクターの心臓音まで聞こえてきそうな絵本です。

    掲載日:2012/05/13

    参考になりました
    感謝
    1
  • 愛について考える

    • レイラさん
    • 50代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子22歳、男の子20歳

    「はじめての哲学」シリーズ。
    愛すること、ある意味、興味深く考えられるテーマだと思います。
    いろいろな愛が登場します。
    友だち、兄弟、両親、カップルなど、そのシチュエーションで愛を考察します。
    いづれも、相対する考え方が提示され、答えはありません。
    つまり、自分で考えることが必要になるのですね。
    そう、これこそが哲学。
    ほら、添えられたキュートな人形写真が、インスピレーションをくれるでしょう?
    大人向けでしょうが、思春期の子どもたちにも、考えるきっかけとして読んでほしいですね。

    掲載日:2016/03/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • おもしろい試み

    大人にもすすめられる絵本を探していて、哲学の絵本があることを知りました。まず、アニメのような写真のような人形が、どこか見慣れないようでいて、どこか懐かしいようでもある。まさにいろいろな提案をする本文のようでもあります。短い文を読みながら、気がついたら色々考えはじめていました。まさに哲学ですね。

    掲載日:2015/03/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • こういうことを考えてみるのも!

    深く難しい絵本ですが,読む価値はあります。
    私はどういう考えだろうかと自問自答しながら読みました。
    他の考えにもなるほど!と思ったり,自分は違うけどそう考える人もいるだろうなと客観的に考えてみたり。
    自分の気持ちを見つめるよい機会にもなる絵本だと思います。
    哲学って難しいけど面白いと思わせてくれる絵本でした。
    そして,それ以上に,人間って難しすぎる!と思ってしまいました(笑)。

    掲載日:2014/09/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • どう考えるかな

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子2歳、女の子0歳

    絵本でも問いかけられますがいろいろと考えさせられる内容でした。
    どちらの意見もたしかに、と頷くところがあります。
    普段、哲学の本は滅多に読まないので新鮮でした。
    子どもに読ませてみるとどんな反応なのか楽しみです。ある程度大きくならないと難しいでしょうが。

    掲載日:2014/02/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 身近なテーマ

    「はじめての哲学」シリーズの中では
    一番身近で、一番考えやすいテーマだと思いました。

    共感出来るものから出来ないものまで、
    様々な考え方が書かれています。

    どの考え方も合っているようで間違っているようで、
    哲学に答えはないのだなと思いました。

    掲載日:2014/01/29

    参考になりました
    感謝
    0
  • 愛する事

    「愛すること」のテーマだから、きっと理解できて共感することも多いだろうなあって思ったのですが、結構考えさせられたことがありました。人形のキャラクターも重要な意味がある気になってきました。カラフルな洋服を着たお人形があるようにいろいろな考えがあるなあって思いました。「愛するということは、見返りを期待せずに自分の愛を与えることだ」の後の言葉、「与えることが幸せだからです」に、同感しました。結構相手の迷惑を考えていないかなあって、子離れしてないかなあって考えてしまいました。

    掲載日:2013/04/01

    参考になりました
    感謝
    0
  • いろいろな考え方がある

    難しく感じる“哲学”が可愛らしいキャラの人形劇風の絵?で繰り広げられていくのでとても親しみやすいです。
    実際、自分向けに読んだのですがおもしろくて8歳の息子に「どっちの意見?」と読みきかせてみました。もちろん言葉を入れ替えて理解しやすくしました。世の中にはいろいろな人がいていろいろな考え方があるんだよ、という話ができました。

    いろいろと質問が投げかけられるのですが、さまざまな愛し方を、二通りの、正反対の視点から提示されています。
    私はどっちの意見だろうと考えてみるいい機会になりました。
    答えはなく、いろいろな考えが存在している、私はこうだけれど、こういう考えもあるんだと視野を広げてくれます。
    いろんな意見についつい一人で頷いたり、感心してしまいました。

    文字一文字読んだ後に、止まって絵もゆっくり味わいたい絵本です。
    ユニークな人形達が文の意味をよく表現してくれていると思います。

    掲載日:2012/12/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • 正反対の愛し方

    • あおそらさん
    • 20代
    • ママ
    • 北海道
    • 男の子2歳、男の子1歳

    絵本ナビのメルマガにピックアップされていて、気になり読ませていただきました。
    家族、恋人、友達。
    さまざまな愛し方を、相対する視点から提示しています。
    自分はどうだろう?
    と考えてみると、どちらかに当てはまることもあれば、双方に当てはまる部分もあったり・・・
    読んでみて初めて「あぁ、自分はこういう考え方を持っていたんだ」と思うところもありました。
    正直今まで哲学という分野はあまり興味がなくて触れてこなかった部分だったのですが、楽しんで読むことが出来ました。

    掲載日:2012/06/12

    参考になりました
    感謝
    0

13件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ねないこ だれだ / おおきなかぶ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。


葉祥明さんの描く不朽の名作

みんなの声(13人)

絵本の評価(4.43)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット