雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
りひまるさん 40代・ママ

たくさんの人に
宮沢賢治さんの「雨ニモマケズ」こういっ…

わたしもがっこうへいきたいわ」 みんなの声

わたしもがっこうへいきたいわ 作:アストリッド・リンドグレーン
出版社:ぬぷん児童図書出版
本体価格:\1,200+税
発行日:1982年06月
評価スコア 4
評価ランキング 22,771
みんなの声 総数 1
「わたしもがっこうへいきたいわ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • リンドグレーンの

    レナは五歳、八歳のお兄ちゃんが行っている学校へ行ってみたくてたまりません。

    昔の児童書を読んでいると、その頃は融通がきいていたのか割と就学前の子どもが一緒に学校へ着いて行くというのが見受けられます。

    子どもの視点で学校はどういうところなのかというのを描くのはさすがにリンドグレーンらでは。

    挿絵がリンドグレーン作品をよく描くヴィークランドなので、その作品世界をよく伝えています。

    最初のページの部屋の様子の散らかった様子が子どもらしいというのか、子どもたちにも親近感がわきそうですし、学校での子どもたちの表情も一人ひとり描き分けられています。

    入学前の子どもにも「学校ってどんなところ」というのがわかるのでいいのではないかと思いました。

    掲載日:2011/12/25

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『いっさいはん』minchiさんインタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット