ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

イルカの星」 みんなの声

イルカの星 文・絵:葉 祥明
出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
本体価格:\1,456+税
発行日:1996年09月
ISBN:9784333018154
評価スコア 3.67
評価ランキング 30,042
みんなの声 総数 2
「イルカの星」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 大人の癒しに・・

    • きゃべつさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子13歳、男の子10歳

    本当に、写真集と見間違うようでした。
    絵本というよりも葉さんの絵に詩が添えられているような構成です。

    図書館の夏の本コーナーに置いてありましたが
    真っ青なその表紙に吸い込まれそうで、ついつい手に取ってしまいました。
    海とイルカとの幻想的な風景にうっとりとしました。

    詩は哲学的ですし、英語もついていて
    子供向けというよりも大人向けの癒し的な本だと思いますが
    この細密で繊細な海の表現は一見の価値ありです!

    掲載日:2014/07/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 写真のようなイルカに見惚れました。

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子16歳、女の子11歳

    うちの上の子と見ました。
    この絵本の文章はストーリーというより、作者からのメッセージを形にした哲学的絵本でしたので、二人して「絵を見た」といった感じでした。

    美術に興味があり、高校では美術部に入っている上の子は、葉祥明さんの青い海の世界の色使いに感動していました。
    それに、表紙や各ページに描かれている『イルカ』!
    よく見ないと、その描かれた姿は写真のようで
    見惚れてしまいました。
    特に背中に反射した海の中の光具合とか、ものすごい表現力だな〜と、思います。
    イルカなどの動物が好きな方、将来絵を描くことを職業にしたいと思っている人などには必見です。

    掲載日:2011/12/26

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / はじめてのおつかい

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。


『プルバックでゴー!』しかけ絵本専門店「メッゲンドルファー」 嵐田一平さんインタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(3.67)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット