貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

教会ねずみのヴァカンス旅行」 みんなの声

教会ねずみのヴァカンス旅行 作:グレアム・オークリー
出版社:すぐ書房
本体価格:\1,600+税
発行日:1997年12月
ISBN:9784880682556
評価スコア 3.5
評価ランキング 33,440
みんなの声 総数 1
「教会ねずみのヴァカンス旅行」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ヴァカンスはこりごり!?

    今度は教会ねずみたちが、週末のヴァカンス旅行を企画!でもねずみたちに外は危ないからと猫のサムソンの足元に隠してもらって外出しはじめました。でも、大変な目に会い、迷子にもなり、鳥にたべられそうになって、、、ヴァカンスはもうこりごりかも?

    いつもサムソンは割をくっていてかわいそうです。教会ねずみの騒動に今回も巻き込まれてちょっとかわいそうですよね。でも、なぜか癒されてしまいます。文章は相変わらず長いので、親が読み聞かせする場合は大変かもしれません。ちょっと時間がかかります。3歳後半で読みましたが、ぎりぎり話を聞いていられるようでした。4〜5歳くらいからが適しているかと思います。

    掲載日:2011/12/26

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • こねこのチョコレート
    こねこのチョコレート
    作:B・K・ウィルソン 絵:大社 玲子 訳:小林 いづみ 出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
    これは弟のプレゼント。おいしそう、でも食べちゃダメ、食べちゃダメ…。


読んで笑ってつっこんで!家族みんなであたたまる絵本

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット