だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

わが家は三畳の倉庫から」 みんなの声

わが家は三畳の倉庫から 作:すずき たかこ
出版社:銀の鈴社
本体価格:\1,200+税
発行日:2003年08月
ISBN:9784877867164
評価スコア 4
評価ランキング 22,266
みんなの声 総数 1
「わが家は三畳の倉庫から」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 「住」がテーマ

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子、男の子

    平和を祈る3部作の第3弾です
    「食」「衣」そして今回は「住」がテーマです
    おじいちゃんは建て替えのために壊される我が家を見つめ泣き叫びます
    その訳は・・・・
    戦火が激しくなってきて、さらに父の出生が決まると、家族は疎開を決めます
    そのため、焼夷弾の直撃は避けられたものの、類焼を防ぐために、家は壊されてしまいました
    疎開先から戻りまずは米屋であった我が家はなく、倉庫を住みかとして生活を始めたこと、やがて父も戻ってきて家族で喜びあいました
    子どもが成長するたびに、部屋を建て増し暮らしてきたが、米屋の再建は出来ずに月日はたち、おじいちゃんは建て替えの条件に「片隅で良いから米屋をひらきたい」と息子に願います
    戦後どれだけの方々が夢や希望を叶えられずにきたのでしょうか・・
    そうした思いを形に残したいと、作者が「食」「衣」「住」の平和の3部作として書き上げました
    身近に感じる出来事として読めるので、小学校高学年にお勧めです

    掲載日:2011/12/26

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『はやくちこぶた』早川純子さんインタビュー

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット