貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

かこさとし こどもの行事 しぜんと生活 1月のまき」 みんなの声

かこさとし こどもの行事 しぜんと生活 1月のまき 作・絵:かこ さとし
出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2011年12月
ISBN:9784338268011
評価スコア 4.25
評価ランキング 15,325
みんなの声 総数 3
「かこさとし こどもの行事 しぜんと生活 1月のまき」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 行事、由来、遊び

    新刊コーナーで見つけました。

    一月の行事、由来、遊びなどについてわかりやすく説明されてる歳時記のような絵本です。

    かこさんのてんぐちゃんシリーズなどでは季節の遊びなども出ていたなあと読みながら思い出しました。

    日本各地の一月に関係のあるお祭り、日本だけでなく世界の国々の行事にも触れているので、日本のことだけでなく海外との違いもわかります。

    由来については伝承が薄れているので、子どもに聞かれた時に親も一緒になって調べることもあるので、こういう本が出ているのは頼もしい限りです。

    調べ物に関する本にも入ると思うので、親が先に知っておくと何かと活用できそうな本だと思いました。

    1月ということはこれから12月まで出るのでしょうね。楽しみです。

    掲載日:2012/02/27

    参考になりました
    感謝
    1
  • 季節について

    図鑑まで堅苦しくなくて
    楽しい加古先生のイラストとともに
    季節や行事を感じられる本となっています。
    加古先生の絵のファンなので書店でみたときは
    すごく嬉しかったです。
    子どもと一緒に行事を楽しみたいので
    この本を参考に、これだよってお話しながら読んでいます。
    これからも期待しています!

    掲載日:2012/02/10

    参考になりました
    感謝
    1
  • 日本らしい味わい!

    かこさとしさんらしいイラストが昭和の雰囲気をただよわせ味わいがあります。
    1月の日本の昔からの文化,親の私も知らないことが多いので,こんな絵本は親子で勉強になり楽しめると思いました。
    日本らしい行事や遊びが薄れてきている現代,親子でこの絵本を読んで楽しんでみるのも冬休みの思い出の1つになるかもですね。

    掲載日:2017/12/25

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



お子さんと一緒にお鼻のしくみを考えてみませんか?

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット