しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

彼の名はヤン」 みんなの声

彼の名はヤン 作:イリーナ・コルシュノフ
訳:上田 真而子
出版社:徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1999年03月
ISBN:9784198609955
評価スコア 3.5
評価ランキング 33,849
みんなの声 総数 1
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 生粋のドイツ人の少女に起きたこと

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子16歳、女の子11歳

    第二次世界大戦中のドイツと言ったら「ユダヤ人迫害の話」なのでは?と、たいていの人が思うと思います。
    私もこの本を手に取った時、「ヤン」という人物はユダヤ人なのかしら?と思っていました。
    ところがこの作品の中に『ユダヤ人』は一人も登場しませんでした。
    主人公のレギーナは《生粋のドイツ人》で、ヒトラーの政策を教え込まれ、信じきっているひとりでした。
    けれども、ポーランド人の捕虜の青年を好きになってしまったことで、すべてが変わってしまいます。

    ちなみに、この本はドイツの代表的な児童文学作家の作品だそうです。
    あまり日本の児童文学作品ではありえませんが、「戦時中の恋愛」や「性」の問題を取り扱っています。
    「これから死ぬかもしれない(その確率がとても高い)前線へ行くのだから……、(その純潔をぼくにくれても)いいじゃないか」
    そういう考え方がまかり通ってることに、ひとりの女性として憤りを感じます。

    安全な場所にいたにもかかわらず、自らそれを手放して別の世界を見る目を持ってしまい、迫害される側に回った少女の心の動きがよく描かれていました。
    歴史では必ず第二次世界大戦を習います。
    中高生の子どもたちに、自分と同じくらいの年頃の女の子が、その当時どんなふうに感じていたのか、この本を手に取って一緒に考えてみてくれるといいなと、思いました。



    掲載日:2012/01/13

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!
  • かおノート
    かおノート
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:コクヨ コクヨの特集ページがあります!
    オリジナルバッグが当たる!キャンペーン開催中★シリーズ累計100万部突破記念★


本屋さんイチオシ(読売KODOMO新聞)

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット