ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
morimoriさん 30代・ママ

クリスマスにぴったり^^
小さなねずみのねみちゃんがみんなのため…

RDGレッドデータガール(5) 学園の一番長い日」 みんなの声

RDGレッドデータガール(5) 学園の一番長い日 著者:荻原規子
イラスト:酒井 駒子
出版社:株式会社KADOKAWA
本体価格:\1,700+税
発行日:2011年10月28日
ISBN:9784041100394
評価スコア 4.5
評価ランキング 6,208
みんなの声 総数 3
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 高柳くんが!

    高柳くんが、可愛くなるお話です。嘘です。泉子がえらいことになるお話です。
    本当に、どんどん強い子に成長していってるな、と思います。
    メンタルはまだまだですが、彼女を理解し支える友人がいるので、きっと大丈夫でしょう。
    今後が楽しみです。
    まだまだ謎な部分があるので。

    掲載日:2014/12/17

    参考になりました
    感謝
    0
  • 覚醒

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子2歳、女の子0歳

    泉水子が覚醒します。
    ラストのシーンは本当に泉水子の成長を感じました。
    高柳くんが面白かったです。本人的にはそんなこと言われたくないでしょうが(笑)。彼へのイメージがかわったかな。
    一番良かったのは泉水子ちゃんのためにがんばる深行くんです。

    掲載日:2014/04/13

    参考になりました
    感謝
    0
  • 世界遺産候補って……

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子16歳、女の子11歳

    上の子と一緒に読んでいるシリーズですが、最近では私の方が先が知りたくてウズウズしています。
    上の子は3巻あたりから「人物が多くなって読むたびに混乱する」と、ぶつぶつ言ってます。
    外国作品などにもよくありますが、登場人物が多くなって困ったときは、私はあまり細かい名前や性格は覚えないで、頭の中で大まかなグループに分けて判別するようにしています。
    (作者にはいろいろ想うところあって、登場人物が増えてくるのだと思いますが、こうすると意外と先に読み進みやすいんですよ〜)

    さて、4巻で物語はいよいよ佳境へ″と、出版社からの説明書きがあったので、5巻で終わるのかと思いきやまだまだ終わりませんでした。

    この間で、泉水子は改めてというか、初めて自分が『姫神』を宿す者だということを理解します。
    一方高校に入ってから仲良くなった宗田きょうだいにも、『姫神』を守るように一方的に父(隠密の山伏)に言われた「相楽深行」にも、それぞれの心の変化と新しい未来に向かって歩き出さなければいけない出来事が起きてきます。
    世界遺産″に選ばれるのは誰か、泉水子がこれからどうなるのか、そしてこの物語は次巻の6巻でラストを迎えるのか!?
    まだまだ先が気になります。
    不思議なものが好きな人、ファンタジーが好きな人にもお薦めできるシリーズです。後、学園ものが好きな中高生にもお薦めできます。

    子ども向けの話と枠づけせずに読み出すと、想像していた以上に楽しい世界に導いてもらえるかもしれません。
    荻原さんの文章はとても読みやすかったです。

    掲載日:2012/01/13

    参考になりました
    感謝
    0

3件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…


ねえ、「コワイ」って、もってる?

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.5)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット