庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!

みっつのねがい」 みんなの声

みっつのねがい 絵:ピレット・ラウド
訳:まえざわ あきえ
再話:ピレット・ラウド
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2012年01月
ISBN:9784834027020
評価スコア 4.2
評価ランキング 15,861
みんなの声 総数 4
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 子供の頃レコードで聞いていた

    子供のころに妹とレコードでみっつのねがいのお話をよく聞いては笑っていたのが懐かしいです。もしも願いがかなうならいろいろ考えてしまいますね。欲張ってもろくなことない、楽しく生きていくのがいいんだよということですね。本屋さんで立ち読みしていて懐かしく、気に入ったので購入しました。

    掲載日:2014/06/12

    参考になりました
    感謝
    1
  • 何度も読みたい

    6年生の読み聞かせで使いました。
    絵は、シュールで大人向き、淡いタッチなので読み聞かせるなら少人数向きです。

    お話はエストニアの昔話でとても良く出来ています。
    「3つのお願い」のお話はたくさんあると思いますが
    こちらも、願えることにまず憂かれ、しかし上手く願うことで出来ず
    最後は願う前の状態が良かったのだ、という結末も似ています。
    予想されるのになぜ、 最後はほっとするのでしょうか?
    6年生たちも、あ〜ぁ、と声をあげました。
    この時は、こうすればよかったのに・・・とあれこれ考えるのも楽しい本です。

    掲載日:2014/06/11

    参考になりました
    感謝
    1
  • また違った味わい

    せっかく願い事が叶うのに、鼻にソーセージをつけることをお願いしてしまった夫婦のおはなし。
    ポール・ガルドン作の別の絵本は素朴で昔話らしいものでしたが、こちらはもっとオシャレでちょっぴりシュール。また違った味わいで楽しかったです。
    特に、夫婦で願い事をあれこれ考える場面がいいです。空想がたくさん膨らんで、私だったらどうするかな?などと私も楽しく妄想しながら読み進みました。
    子供もとても楽しそうに、ニコニコ顔で聞いてくれました。6歳の娘が、3つ目の願いを、「ソーセージとるってお願いしないと!」と一生懸命言っていたのには、子供はまだまだ素直でいいなと感心してしまいました。

    掲載日:2014/01/31

    参考になりました
    感謝
    1
  • 絵がおもしろい

    • ちょてぃさん
    • 30代
    • ママ
    • 静岡県
    • 女の子10歳、女の子6歳

    どことなくシュールで、どことなくコケティッシュな絵が娘にはツボにはまったようで、短期間に繰り返し読んでとせがまれました。なんともぐうたらな夫婦がずうずうしく願い事を唱える様に、内心はらはらしたけれど、結末に胸をなでおろしました。

    掲載日:2012/04/12

    参考になりました
    感謝
    1

4件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

からすのパンやさん / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / おとうさん・パパ・おとうちゃん / おこだでませんように / うめぼしさん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『大きなクスノキ』 みそのたかしさん さとうそのこさん インタビュー

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.2)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット