大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくり 大坂城 絵で見る日本の城づくりの試し読みができます!
作: 青山 邦彦 監修: 北川 央  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
巨大な城が建ち上がっていく様子を精緻な絵で楽しむ一冊!

ゆうひのしずく」 みんなの声

ゆうひのしずく 作:あまん きみこ
絵:しのとおすみこ
出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2005年07月
ISBN:9784338180153
評価スコア 4.33
評価ランキング 10,317
みんなの声 総数 17
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

17件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ
  • ぴかぴかぴかぴかわらった!

    「ゆうひのしずく」という初耳のタイトルに魅かれて
    手に取った絵本です。
    大好きな あまんきみこさんの作品だったんですね。

    しのとお すみこさんの絵も油絵タッチのようで、色も
    きりんの黄色と空の青、草原の緑、白い雲、ちっちゃなアリの黒と
    コントラストがはっきりして とってもいい!

    きりんの足元にいたありの勇気がうらやましいなあ!
    なるほでですね。いつもの見慣れたものばかりの世界から
    ジャンプして違う目線、視線、角度で見回したら
    別世界なんだよね。

    言葉のリズムも楽しい。
    とことこ ちこちこ、とことこ ちこちこ。
    ありがきりんのあしからつのの上まで登るときの
    速度感が丁度良いリズムで表現されてる。

    嬉しさの表現で、印象に残ったのは
    ありは、きりんのつのの上で、ぴかぴかわらった。
    きりんもぴかぴかわらった。
    ありたちは世界のはてを見回して ぴかぴかわらった。
    きりんは、あしもとに赤いちいさな花「ゆうひのしずく」を
    見つけて ぴかぴかわらった。                    

    子供たちには、いつもぴかぴか笑っていて欲しいですね。
    何度も読んであげていると、一緒に「とことこちこちこ」
    「ぴかぴか」とか子供も得意げに言い出しそうです。

    きりんの優しさ、ふるさとをおもう気持ちなど、
    子供だけでなく高齢者にも喜ばれそうですね。

    掲載日:2011/09/04

    参考になりました
    感謝
    1
  • 視点をかえる!!

    とっても小さくて,地面の景色しか見えない
    ありさんと,とっても背が高くて,遠くの
    景色までよくみえるきりんさんのお話です。

    お互いが,普段は見ない景色に触れることで
    新しいことを見つけるのですが,
    これって人間にとってもとっても大切な
    ことですよね♪

    いつもとは視点をかえることで,
    気づけなかったことに気づけるという
    なんだか,勇気をもらった気がします。

    絵もとってもかわいいので,
    ぜひおすすめです♪

    掲載日:2011/02/20

    参考になりました
    感謝
    1
  • 新しい世界に感動

    • 多夢さん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 女の子10歳

    ありときりん。
    大きさのまったく違うもの同士が出会って、
    それぞれ自分の知っている世界とは違う世界を見つけます。

    きりんが見つけたのは、足元に咲く赤い小さな花。
    今まで気付くこともなかったのでしょうね。
    きりんは、その花を、一瞬「ゆうひのしずく」と思ったようです。
    それだけ、感動が大きかったのでしょう。
    (えほんのタイトルになるくらいですから)

    新しい世界を知ることの大切さ、
    感動することの素晴らしさ、
    新しい友達と心を通わせる関係が素敵です。

    作者は、あまんきみこさん。
    あまんきみこさんのことばの表現が素晴らしいえほんだと思います。

    私は、あまんきみこさんの作品は好きなんですが、
    娘は、今ひとつ(「ゆうひのしずく」が・・・)わからなかったようです。

    掲載日:2010/08/05

    参考になりました
    感謝
    1
  • 人の目線に立つと新鮮

    アリはキリンの目線を新鮮に思い、キリンはアリの目線を新鮮に思う。
    子供が電車のドアに付いている窓からやっと外を見えるようになった頃、同じ目線で車窓からの風景を見てみた時、同じような新鮮さを覚えたことを思い出しました。
    子供だけじゃなく、大人にもその新鮮さを思いださせるほのぼのした絵本です。
    絵のタッチも良い。

    掲載日:2007/11/30

    参考になりました
    感謝
    1
  • うつくしくて せつない…

    キリンの体に登らせてもらい、初めて広い世界を見たアリ。
    アリを下ろしてあげるために、地面へ顔を近づけて、新しい発見をしたキリン。

    目線が変わるって、こんなに感動的なことなんだなって思いました。
    じぶんが気づかなかったことに気づくって、素晴らしいです。

    タイトル、本文で使われている擬音、ストーリー。
    とても心地よくて美しい。
    美しいけれど、海の向こうを見つめるキリンの想いは、とってもせつない…。

    変えることができない運命はせつないけれど、その中にも、新しい出会いがあり、温かい交流が生まれることに、人生の素晴らしさを感じました。

    掲載日:2014/10/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 知らない世界を知ること

    2歳の息子に図書館で借りてきました。

    きりんとありの物語。

    ありががんばって、がんばってきりんの背中を通り
    頭のてっぺんまでのぼります。
    その頂上から見えたものは・・・
    今まで見たくてもみることが出来なかった景色。
    初めて見る素敵な景色。

    そしてきりんもありを地面におろしてあげたときに気づかなかった景色に
    初めて気づくのです。
    そんな世界があったんだと。

    お互い知らない世界を知ること。
    勇気を出すこと。

    大切なことを2匹を通して教えてくれる絵本です。

    掲載日:2014/06/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • 独特な表現が素敵

    2年生の教科書に紹介されていた本書。早速、読んでみました。
    普段、あまり接点のない「きりん」と「あり」とのお話し。

    「きりんはありの目線」「ありはきりんの目線」で普段は見る事の出来ない世界を、少しだけ見た時の感動を素直に伝えてくれました。

    とってもいいお話しだね〜と普段は感心のない主人も聞き入っていました。
    「とことこ・ちこちこ」や「ぴかぴかわらう」などの独特な表現、油絵のような切り絵の様な絵が、とっても素敵でした。

    さすが教科書で紹介されているだけありますね!!

    掲載日:2012/10/27

    参考になりました
    感謝
    0
  • 知りえなかった、新しい世界

    あまんきみこさんの作品は、読み手をいつもふうわり優しい雰囲気で包んでくれるので大好きです。
    中でもこの作品『ゆうひのしずく』は、題名はもちろん詩的な表現が多くて素敵だなと思いました。

    ある夏の日、なだらかな丘の上で一匹のありがきりんと出会います。
    「ねえ、きりんくんは、ここでまいにち、なにをしているの?」
    その問いかけにきりんは、「ただ見ているのさ」と答えます。
    背の高いきりんが見ていたものとは…?

    きりんの体をありがのぼっていくなんて、どんなに大変なことでしょうか。
    きっと、本格的な登山でもしているような気分だろうなぁ。
    ありがのぼっていく時の「とことこ、ちこちこ…」の表現が、ありの小ささとその歩いた距離の多さを表していて可愛かったです。
    それから、無事にたどりついたきりんのつのの上から初めて見た、素晴らしい景色。

    お互い全く違う視点の世界で暮らしている2匹。
    ありは見たこともなかった遠い世界を、きりんは今まで見ようとしなかった足元の世界を――それは思いもよらない新しい発見だったんでしょうね。
    それぞれの感動が、こちらまでよく伝わってきました。

    少しさびしそうだったきりんくん。
    新しい世界を知って、新しい友達もできて、少しはさびしさがまぎれたかな?

    掲載日:2012/09/28

    参考になりました
    感謝
    0
  • くすぐったくなかったのかな?

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子16歳、女の子12歳、

    絵はしのとおすみこさんという方が描いていました。
    この絵の紙は油絵用のキャンバスのような気がします。
    (紙の目がすごく荒いので)
    気になるのが“きりん”の絵の部分です。これってもしかしたらきりんの絵を下地の紙に切り貼りしてるかもしれませんね〜。妙な立体感を感じます。
    しかもなんだか和紙っぽいしわも見えるし……。
    この、きりんの模様の部分はどんなふうに色を出してるんでしょうか?
    絵の技術が個性的で素敵でした。

    お話はあまんさんらしいとっても可愛いお話でした。
    もしも私がきりんだったら、こんなに何度も小さなアリたちに体中を這われたら、くすぐったくて仕方なさそうだなぁと、思います。このきりんはよく我慢したものです。
    くすぐったがり屋さんではないのでしょうか?

    掲載日:2012/04/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 色々な世界

    このお話を読んで自分にも当てはまることがいっぱいあるなって思いました。まるで子供とお母さんな感じ。子供は大人の気づかないこととかも気づいたりします。大人も子供の気づかないことを気づいたりします。なんだか、そんなようなことがこの絵本には込められていたんじゃないかと思いました。この絵本を読んで、子供の意見ももっとちゃんと聞こうって思いました。

    掲載日:2012/01/31

    参考になりました
    感謝
    0

17件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 2 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ / ぐりとぐらのかいすいよく / じゃあじゃあびりびり / おばけのバーバパパ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語


『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

みんなの声(17人)

絵本の評価(4.33)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット