ムーミンママのハンドバッグ ムーミンママのハンドバッグ
絵: リーナ&サミ・カーラ 文: カタリーナ・ヘイララ レーナ・ヤルヴェンパー 訳: 高橋 絵里香  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
原作の世界から飛び出した、持ち歩けるバッグ形のキュートな絵本。

ゆうかいされたねこのサムソン」 みんなの声

ゆうかいされたねこのサムソン 作:グレアム・オークリー
出版社:すぐ書房
本体価格:\1,456+税
発行日:1993年10月
ISBN:9784880682426
評価スコア 4
評価ランキング 22,397
みんなの声 総数 1
「ゆうかいされたねこのサムソン」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ねずみたちのポーズがいちいち面白い

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子16歳、女の子11歳

    あれあれ?図書館で「教会ねずみのアーサーとねこのサムソン」の話を検索したら、シリーズタイトル《ねこのサムソン》というのが出てきました。
    主人公はよくしゃべるねずみのアーサーではなく、ねこのサムソンの方だったということでしょうか?

    この「ゆうかいされた…」の表紙絵には卓さんのねこたちが描かれていて、なんだかねずみたちと会話しているようですが、
    本文の中にそういうシーンは描かれていないんですよ。
    実際は描かれていたけど、カットされたのかもしれませんね。
    だって、アーサーなら、知り合った猫たちに誘拐されたサムソンの捜索の手伝いをお願いしかねませんもの!

    助かった後、アーサーとサムソンは(たぶん通りがかりの)母子の自転車かごに乗って帰路につきますが、
    その時のサムソンの目が好奇心いっぱいに見開いているように思えませんか?猫って、「風」にあたるの結構好きですよね。
    なんて、このサムソンの気持ちよさそうな顔を見ていて、思ってしまいました。
    ねずみたちの捜索活動見ていると、まるでスパイ映画のような行動力でサムソンを見つけ救い出します。
    そして、いちいちポーズが面白かったです。
    シリーズの中では断トツで面白いお話だったように思います。

    掲載日:2012/01/31

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / きんぎょがにげた

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!


絵本に登場した「クスノキ」に会いに行ってきました!

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット