ねずみくんのクリスマス ねずみくんのクリスマス
作: なかえ よしを 絵: 上野 紀子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
小さなクリスマスツリーをわらわれたねみちゃん。でも、ねみちゃんのツリーは、本当は大きなあるもののかざりだったのです。
ラムネ色さん 60代・じいじ・ばあば

みんながねみちゃんに贈ったツリー
ちいさいのから、大きいものまで、クリス…

あかちゃんになったおばあさん」 みんなの声

あかちゃんになったおばあさん 作:(日本むかしばなし)
文・絵:いもと ようこ
出版社:金の星社 金の星社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:2011年12月
ISBN:9784323037301
評価スコア 4.43
評価ランキング 8,020
みんなの声 総数 6
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • ほんわか気分

    おじいさんが、山へ薪を拾いに行ったとき見つけた滝。
    その水を飲むとじいさんは若返りました。
    驚いておばあさんに飲んでみなされ、と言うと おばあさんは・・・
    日本むかしばなしのひとつですが、いもとようこさんの絵で読むと、いっそう楽しく読めます。
    とても可愛く素敵に描かれているので、良かったです。

    掲載日:2016/05/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 若返り

    若返りの水を飲んだ、おじいさんとおばあさんのお話です。
    「若くなりたい」と水をたくさん飲んだおばあさんは、赤ちゃんになってしまいました。
    きっと、「欲張ってはいけないよ」という教訓なのでしょう。
    でも「おじいさんのために、若くなりたい」という気持ちは、共感できますね。
    それに、赤ちゃんのおばあさんをおんぶしている、おじいさん。
    笑顔でお世話していて、なんだか幸せそうに見えました。

    掲載日:2015/06/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 若返りの水飲みたい!

    • 沙樹さん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 男の子6歳

    タイトルを見て、面白そうと思った息子が
    さきに一人で見て
    「わかがえる水を飲みすぎちゃったみたい」と言って
    興奮していました。


    内容は・・・

    たきぎを拾いに行ったおじいさんは、若返りの泉を見つけます。

    その話を聞いたおばあさんは、
    明日じいさまに泉に連れて行ってもらう約束をしたけど、
    うれしくてうれしくて眠れなくて、
    待ちきれずに、一人で泉に行ってしまいます。

    いくら待っても帰ってこないおばあさんを探しに行くと、
    泉でおばあさんの服を着たあかんぼうが、大きな声で泣いていました。

    おじいさんを喜ばせようと、若返りの水をたくさん飲んだ
    おばあさんは赤ん坊になってしまったのでした!


    おばあさんと、若返ったおじいさんとのやり取りも面白かったです。

    掲載日:2015/04/23

    参考になりました
    感謝
    0
  • 若返りの水!

    仲の良いじいさまとばあさま。
    ある日たきぎを拾いに行ったじいさまは、滝のそばで若返りの泉を見つけます。

    その話を聞いたばあさまは、明日じいさまに泉に連れて行ってもらう約束をすると、うれしくてうれしくて眠れません。
    とうとう待ちきれずに、一人で泉に行ってしまったばあさま。

    いくら待っても帰ってこないばあさまを探しに、じいさまが滝まで行ってみると、ばあさまの服を着たあかんぼうが、大きな声で泣いていました。

    じいさまを喜ばせようと、若返りの水をたらふく飲んだばあさまは赤ん坊になってしまったのでした。


    私だったら、自分のために飲んでしまいそうですが、このばあさまは「じいさまを喜ばせよう」とたくさん飲んだのですね。
    そして若返りの水を飲めると思うと、嬉しくて嬉しくて眠れない、という少女のようなばあさまも可愛くて、人間らしくて好きです。

    最後に、赤ん坊になったばあさまのおしめをかえたり、洗ったり、おんぶしたり抱っこしたり、大忙しなじいさまの姿が描かれているのも、何だか笑顔になってしまいます。

    6歳の娘も、赤ちゃんの泣き声が聞こえてきた、というところで、「水、飲みすぎちゃったんじゃない?!」と気づいて、笑っていたので、子どもにもわかりやすく、面白いお話になっていると思います。

    「ほどほどが良い」という教訓めいたものではなく、ちょっとドジをしてしまった程度の笑い話のようになっていて、
    最後もこれから先を想像して、笑顔になれるような終わり方なので、幼稚園児くらいでも楽しめると思います。

    掲載日:2013/03/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • 日本昔話を「いもとようこ」さんが書いています。
    いもとさんの作品が好きな子供が見つけてきました。

    若返りの泉を見つけたおじいさんとおばあさんのお話です。

    あとがきがこの老人たちの今後を想像することができ
    こうだったらいいな〜とほのぼのとしてしまいました。
    他の日本むかしばなしも読んでみたいな〜と話していました。

    掲載日:2013/02/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • ユニークなお話

    いもとようこさんの昔話は絵がとても優しい感じがするので、親子で気に入っています。
    ストーリーはおじいさんが山の中で偶然見つけた滝の水を飲むと若者になりました。その話をおばあさんがきき、若返りの水を飲みに出かけるのですが・・・・。
    とってもユニークなストーリーで娘はえ〜とびっくりしながらもおもしろいねと喜んで読んでいました。大好きな絵本の1冊になりました。なかなか現実的にありえないという点も面白いんでしょうね。

    昔話は語り継がれてきただけあって、面白い話がたくさんありますね。
    娘にもたくさん読み聞かせてあげて、語り継いでいってほしいです。

    掲載日:2012/06/12

    参考になりました
    感謝
    0

6件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / そらまめくんのベッド / ねないこ だれだ / がたん ごとん がたん ごとん / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



体験型絵本シリーズ創刊! 「BigBook」シリーズ体験レポート

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.43)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット